大島新監督のドキュメンタリー「なぜ君は総理大臣になれないのか」(京都シネマにて上映中)は、日本の政治風土を丸裸にするような傑作映画でした。

若手国会議員の小川淳也氏。2019年の国会で不正会計疑惑を質す姿が注目を集めた政治家です。映画は17年にわたって彼を追いかけました。

2003年、小川は32歳で民主党から衆議院選挙に初出馬するも、落選。05年の衆議院選挙において比例復活で初当選。09年に民主党が政権を奪取。気高い政治思想を持っていた小川ですが、党利党益に貢献しないと出世の目のない政治の世界で、しかも敗者復活の比例当選を繰り返していたことから発言権も弱く、党内では力をつけることができませんでした。

17年の総選挙で、希望の党に合流した前原誠司の側近であった彼は翻弄されます。希望の党の小池百合子代表に対する不信感から無所属での出馬も考えるのですが、悩んだ末に希望の党から出馬し、地元ではまたも落選。再び比例で復活したものの、今度は希望の党が解体してしまい、国民民主党へ。前原や、地元の先輩である玉木雄一郎への仁義に絡め取られながらも、一生懸命に選挙運動を続ける彼をカメラは追いかけます。

 

希望の党に鞍替えして選挙運動に出たばかりに、街の中では、裏切り者!という罵声が飛んでくる。そんな中、妻や娘もタスキをかけ、地元商店街を走り回るという典型的な日本の政治風景も、そのままカメラは捉えていきます。理想を追求しながらも、もがき、溺れ、なんとか這い上がろうとする若き政治家の姿。

「こんな選挙やってていいのかな。」

これは、小川の選挙のスタッフである同級生の言葉です。選挙カーから大きな声で連呼し、狭い道路に車を止めて演説を行ったりする運動への疑問。一族郎党を担ぎ出しての電話攻勢や、手紙の配布。小池氏への不信がありながら、希望の党員に甘んじている自分を見つめ、なぜ、無所属で出馬しなかったのかという後悔。

これは、一人の政治家の選挙の顛末ではなく、国を憂い、このままではいけないという熱い思いに突き動かされて、彼の父の言葉を借りれば「猿芝居」の横行する政治の世界で、あがく青年の映画です。

小泉今日子が「この映画がフィクションならば『主演男優も脇も固める役者たちも脚本も編集も最高!続編に期待したい。』となるのだが、これは一人の人間を追ったドキュメンタリー。自分の人生、生きかたを改めて考える時間になった。」と推薦の言葉を贈っていますが、それは小川が真摯に政治へ向かい、思いが、つまり彼の哲学がそこにあったから人の心が動くのだと思います。

 

★8月17日(月)〜20日(木)まで休業いたします