以前、町田尚子さんの「ネコヅメのよる」(WAVE出版/古書1150円)発行記念の原画展を、していただいたことがありました。待望の町田さんの新作「ねこはるすばん」(ほるぷ出版/新刊1650円)が入荷しました。

相変わらず、ふてぶてしい面構えのねこが主人公です。飼い主が出かけた後、留守番をするのですが、大人しくじっとしているわけはない!ということで、物語は始まります。

洋服タンスの中を通り抜けて、ネコだけの世界へとトリップします。お茶したり、本屋に立ち寄ったり、散髪屋で毛を整えて、映画館で映画を見て、寿司屋に入って、「ちゅうトロさび抜きでね」などと注文するのです。帰りには腹ごなしにバッティングセンターに出向き、「カッキーン」と大きな当たりをかっ飛ばす。そして疲れた体を休めるために、銭湯でリラックス。

「さて、そろそろかえるとするか」と、またタンスの奥からこの世へ戻っていきます。ご主人が帰宅すると、何事もなかったような顔でお出迎え。ねこを飼っている人なら、ありそうな話だと納得されると思います。おしぼり片手に、ちゅうトロを注文する表情や、バットを思い切りスウィングする仕草など何度見ても、笑ってしまいます。

町田さんは、人間のことをなめてかかっている面白い猫の話を描く一方で、「なまえのないねこ」(小峰書店/新刊1650円)では、とても切ない物語を描いています。また、世界名作絵本シリーズ「ひきだしのなかの名作」のなかのアンデルセンの「マッチうりのしょうじょ」(フレーベル館/新刊1380円)も担当、彼女らしいタッチで、悲しい物語を美しく仕上げています。

 

 

 

 

当店絵本人気No.1「ネコヅメのよる」(WAVE出版1512円)の著者、町田尚子さんの新作、「なまえのないねこ」(小峰書店1620円)入ってきました。

文は、竹下文子さんが書いています。主人公は、のらねこです。

「ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。だれにも なまえを つけてもらったことが ない。 ちいさいときは ただの『こねこ』だった。 おおきくなってからは ただの『ねこ』だ。」

彼の周りの猫は、みんな名前を持っています。

本屋さんの猫は「げんた」という白黒のねこです。八百屋さんの猫は、どこがチビというぐらいの大猫(これ笑います)。町の多くのお店に猫がいるようです。お店ばかりか、お寺には「じゅげむ」という名前をつけてもらった猫までいます。

自分も何とかして名前が欲しい。そんなある日、雨宿りしていたベンチの下を小さな女の子が覗いて、「きみ、きれいな メロンいろの めを しているね」と声をかけられた彼は、気づきます。「そうだ。わかった。ほしかったのは、なまえじゃないんだ。」

じっと女の子を見上げる猫の横顔に、思わず泣いてしまいました。そうです。のらねこは、名前を呼んでくれる人が、愛してくれる人が欲しかったんです。町田さんの丁寧な絵に心を掴まれ、とっても幸せな気持ちになります。猫好きなあなた!必見です。

「ネコヅメのよる」も再入荷しました。ふてぶてしい猫が魅力的なこちらもお楽しみください。

 

 ♫トーク&ライブ決定 7月13日(土)澤口たまみ(かたり)石澤由男(ベース)

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが決定。ゆったり、そして豊かな時間の流れた前回同様、今回も期待度大です。賢治の言葉とウッドベースの響きが心地よく胸に伝わってくること間違いなしです。