「どんなにいいカッコをしたって、音楽が豊かでなければ、その音楽家は美しく見えない」

ー岩城宏之

「私は、深夜の書斎で耳を澄ます。いろんな本が啼いている」

−久世光彦

「『大目に見る』というのは私の一番好きな言葉です」

ー清水ミチコ

さて、様々な人が登場するこれらのフレーズは、和田誠「ほんの数行」(七つ森書館1400円)の中にあるものです

和田誠が装幀を手掛けた本から、自身がチョイスした数行を取り上げてまとめた魅力的な一冊です。もちろん、取り上げられた本の装幀も掲載されているので、著者が、その文章を選んだ思いを書いたエッセイを読みながら、お〜っ、こんな装幀だったんだと楽しめます。

「男の人がステキだなあと思うのは、お金を出すときと、髭を剃るときと、死ぬときですね」

とは、常盤新平インタビュー集「高説低聴」で、向田邦子が「男の美学」について語った言葉です。スゴイことを言う彼女を、和田は「そのスゴイところがステキだとぼくは思ってしまう」と書いているのが、やはりステキですね。

その本のエッセンスをぐっと凝縮して、一枚の表紙絵に仕上げる力量の豊かさに感動し、何度も、何度も読みたくなる本です。

私の好きな数行は、

「お前さんが舞台からいなくなると、なお残像が残っている。残像というか。残像が残る時のみ、役者は生きている意義がある」

これ、森繁久彌の言葉です。

もう一つ、「人間は、なにかコンプレックスがあると、ほかの方法でそれを乗り越えようとする。その方法というのが僕にとっては歌だったのかもしれない」

という高田渡「バーボンストリートブルース」(山と渓谷社/絶版・初版2200円)からの引用です。この本の装幀は和田のベスト10ではないかと思っています。

Tagged with: