イランを代表する映画監督アッバス・キアロスタミ。「友だちのうちはどこ?」「そして人生はつづく」「オリーブの林を抜けて」などの傑作をご覧になった方も多いと思います。癌のため、2016年に療養先のパリで76歳の生涯を閉じました。

1970年に詩人のアフマド=レザー・アフマディーが文章を書き、キアロスタミが絵を描いた「ぼくは話があるんだ、きみたち、子どもたちだけが信じる話が」(新刊2310円)と、絵本「いろたち」(新刊1650円)が発売されました。

「ぼくは話があるんだ、きみたち、子どもたちだけが信じる話が」は、幻想的でとても美しい文章と、センスの良いコラージュで出来上がっています。

ぼくは、兄へ宛てた手紙を書きます。しかし、ぼくは手紙をそのままにして、友達に誘われて遊びに出かけます。季節は夏から秋へと変わり、テラスに置いたままの手紙も色が変わってしまっています。ぼくは変化してゆく季節の姿に驚き、その季節のひとつひとつを部屋へ取り込もうと窓を作るのですが……..。シュールな情景がアフマディーの魅力的な筆さばきで立ち上がってきます。同時に、キアロスタミは写真のコラージュに色をつけるという手法で、物語に広がりを持たせています。特に、窓のコラージュ作品は、独特の色彩感覚が溢れています。

もともと、新しい絵本を作ろうとしていた出版社の企画から、全く絵本とは縁のない詩人と映画監督がコラボした一冊だけに、子供向けというよりは、アート作品の趣があります。

「いろたち」は「友だちのうちはどこ?」発表の3年前に絵と文を描きおろした イランではベストセラーになった絵本です。
みどり、きいろ、だいだいいろ、あか、みずいろ、むらさき、くろ、しろ、という色から連想する、風景や食べ物、植物や生きもの、道具などを、子どもと一緒に歌を唄うように描いた本です。キアロスタミは、子どもを主役にして、彼らの視点で映画を作ってきました。同じように絵本にも、子どもたちへの優しい眼差しが溢れています。

「いろのついてないところは、いろえんぴつやマジックでぬっていいんだよ。」最後のページで、キアロスタミが子どもたちへ声をかけています。やさしい美しい絵本です。

 

☆お知らせ

北海道のネイチャーガイド・安藤誠さんのトークショーを、今年も開催します。

 10/29(土)18時より (参加費2000円) 要予約!