遅めの夏休みをいただいて、北海道斜里町にある「北のアルプ美術館」を訪れました。山の文芸雑誌「アルプ」は、哲学者であり詩人であり優れたエッセイストであった串田孫一が代表になり、作家の深田久弥、尾崎喜八や写真家の内田耕作が中心になって、昭和33年に創刊されました。以来25年間にわたって、多くの自然を愛する作家や画家の紀行文、絵画、写真などを掲載してきました。そして昭和58年まで25年に渡り300号まで発行しました。

美術館には、なんと創刊号から最終号まで並べられた部屋があるのです!表紙のカットは串田が担当、そのセンスの良さは、こうして部屋に展示されたものを眺めているとはっきりわかります。室内には素敵な椅子が一脚置かれています。そこに座って、棚いっぱいに飾られた「アルプ」をじっと眺めるのは至福の時間でした!!

「北のアルプ美術館」は、三井農林(株)斜里事務所が、1961年に社員寮として建築したものを改修して、1992年に開館しました。白樺樹林の中にひっそりと建っている姿に、もうワクワクします。私自身は、串田の本を熱心に読み漁ったということはないのですが、「北海道の旅」という紀行文集を読んで惹きこまれました。生涯にわたって、自然を愛し山を歩き続けた作家の魂は、どこまでも澄み切っていて美しく輝いていました。何かの雑誌で、北の地にこの美術館があることを知り、いつか行ってみたいと思っていました。

ぜひ見てみたかったのが、串田の書斎でした。元々は武蔵野にあったものを、串田に惚れ込んだ北海道の実業家山崎猛が、そっくりそのままここに移したのです。随筆、詩、小説、哲学、博物誌、さらに音楽に至るまで書き続けた広範囲にわたる「知」が渦巻く書斎。豪華な造りというのではありませんが、木の香りと、収集した本の匂いが漂ってくるような素敵な部屋でした。ガラス越しですが、そこに作家が座ってペンを走らせている姿が見えてくるようでした。

そしてもう一箇所、まさかこんな展示が見られるとは思わなかったものに出会いました。網走の北海道立北方民族博物館で開催されている「イヌイトの壁掛けと先住民アート」です。当店でもよく売れた岩崎昌子著「イヌイットの壁掛け」(絶版)で紹介されていたイヌイットの壁掛けと、先住民アートが展示されているのです。ホッキョクグマやトナカイなどの動物の姿や、彼らとともに生きるイヌイットの暮らしが、一枚の壁掛けに表現されています。とてつもなく厳しい生活を送っている彼らなのですが、見ていると心がゆっくりと和んでくるのです。数多く描かれている犬ゾリによる狩の姿が印象的でした。

この日(9/14)の温度は17度、風も強く、オホーツクの海の波が高く打ち寄せていました。そんな中、知床の絵本作家あかしのぶこさんが、女房と私を車で連れて行ってくれました。あかしさんには、前日から色々なところを案内してもらい、北海道の素敵な人たちに会えることができました。この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

☆ご案内 あかしのぶこ「えほんのえ展」は9月21日(水)〜10月2日(日)開催予定です。