70年代のアメリカ映画や小説の匂いを持った絵本を、先ず紹介します。ラスカル文、ルイ・ジョス絵のコンビニよる「オレゴンの旅」(セーラー出版/古書1250円)です。

アメリカ映画には、ロードムービーというジャンルがあります。男二人(男とは限りませんが)が、アメリカ大陸を横断しながら、友情を温め合うというものです。この絵本は、まさにそんな映画のような絵本です。

サーカス団で、熊のオレゴンに出会った曲芸師のデュークは、森に帰りたいというオレゴンの希望を果たしてやるために旅に出ます。ピッツバーグからシカゴ、アイオワを経てロッキー山脈の向こうにある森を目指して、モーテルに泊まったり、ヒッチハイクをしたりしながら、二人の旅は続きます。彼らを助けるのは、肌の色も、職種も違う人達です。そして、熊のオレゴンを、オレゴン州にある大きな森に送り届けたデュークは、「明日の朝、空が白くなり始めたら、今度はぼくの旅に出よう、なんにも考えず、心を軽くして」と決心し、旅立つところで物語は終わりです。今まで顔にくっつけたままだった道化の赤い鼻を捨てて。

自らの新しい生き方を求めて歩き出すラストがいいですね。アメリカの田舎の情景を、生き生きとした線と暖かな色彩で描いたルイ・ジョスの絵もこの物語にぴったりです。

もう一点は、中国の絵本作家チェン・ジャンホンによる「ウェン王子とトラ」(徳間書店/新刊2052円)です。小学校3年の教科書に登場する物語だそうですが、大人も泣けてきます。

自分の子供を人間に殺されたトラは憎しみから人を襲い続けます。その凶暴さに手を焼いた国王は、怒りを鎮めるためにとうとう自分の子供を差し出します。その子供を咥えた瞬間、トラの母性が蘇ります。ここから、この子供はトラを母として育っていきます。宮崎のアニメ「もののけ姫」のヒロインのような設定です。絵本の表紙が凄い!まさに子供を飲みこもうとする瞬間のトラの迫力ある顔の表情。しかし、よく見ると、愛情が憎しみを超えてゆく瞬間を描いているのです。この子供は、その後数奇な運命を辿るのですが、何度も読みたくなる絵本です。

中国古代王朝の青銅器から着想を得たお話だそうですが、水墨画の手法で描かれた絵の巧みさが説得力を持っています。絵巻物語を読んでいるみたいです。

 

 

★連休のご案内  8月5日(月))6日(火)は恒例「レティシア書房 夏の古本市」(8/7〜8/18 参加27店舗)の準備のためにお休みさせていただきます。