宮沢賢治「銀河鉄道の夜」はジョバンニとカムパネルラという二人の少年が、この世ではない彼方を旅するお話です。しかし、長野まゆみ「カムパネルラ版銀河鉄道の夜」(河出書房新社/古書1300円)は、小説では死んでしまうカムパネルラを主人公にして、彼がこの物語を、そして宮沢賢治を語るというユニークな設定です。「銀河鉄道の夜」を読んだ人には、ほぉ〜そう考えるか、なるほどあのシーンはそういう意味が隠されていたのかなどと興味深く読んでいただけるかも。まだ読んだことのない方は、不思議極まりない物語を作り出した宮沢賢治という人に強く惹かれると思います。

本書は「銀河鉄道通信社取材班」の松本ちかさんが、特殊な通信システムを使ってカムパネルラに取材したものを配信する形で進行していきます(ZOOMみたいなものでしょう)。小説「銀河鉄道の夜」の本文を挟みながら、彼がどのような旅をしたのかが語られていきます。

で、面白いのは、このインタビューに横入りしては、宮沢賢治のことを批判的に言い放つ人物が登場してきます。それは、誰あろう中原中也です。度々登場しては、好きだった女性を追い回したストーカーだっただの、彼を捨てて渡米した婚約者が忘れられなくて、小説やら詩をダラダラ書いていたんだの、言いたい放題ですが、私はあながち間違いではないと思います。好きだった女が住んでいた家をじっと見つめる彼を想像できるのです。

聖人みたいな賢治ではなく、本書では複雑な思いに苦しむリアルな彼の姿を見せてくれます。彼には恋人がいなかったという通説をひっくり返したのは澤口たまみの「宮沢賢治 愛のうた」(夕書房1980円)でしたが、長野まゆみも、彼と彼の愛した女性のことに注目して、進めていきます。

「銀河鉄道の夜」完成前に賢治は亡くなりました。カムパネルラはこう語ります。

「賢治先生は『銀河鉄道の夜』を完成させずに亡くなりました。草稿を書きはじめてから晩年まで、書き直しをくりかえします。しかも、書きなおすたびに原稿を解し、またあらたに構成しなおすのです。そのため、ページ番号も寸断されました。先生が最終的にどうしあげるつもりだったのかは、残された原稿から推測するしかないのです。」

小説は、様々のバージョンが存在しています。そして、どれも面白いのです。何度も何度もくりかえし読みましたが、いつも新鮮なのです。そこが不思議なところです。

●夏季休業のお知らせ  勝手ながら8月9日(月)〜17日(火)お休みいたします

私が出演するZOOMミーティング「フライデーブックナイト」の第1回が、今月20日に決定しました。ご興味のある方は下記アドレスまで

https://ccacademy.stores.jp/items/60fd4e1bbc1e6422b5501a4b