新聞記者が主役の映画って、結構面白い力作が多いと思います。古くは、ワシントンポスト誌によるウォータゲート事件を扱った「大統領の陰謀」、御巣鷹山に墜落したジャンボ機をルポする地方新聞社の悪戦苦闘を描いた「クライマーズ・ハイ」、そして最近の「新聞記者」など秀作揃いです。

今回ご紹介する「コレクティブ 国家の嘘」(京都シネマにて上映中)は、ドキュメンタリーですが、まるでドラマのよう。ルーマニアで起こった巨大な医療汚職事件に迫ります。

2015年、ブカレストにあるクラブ「コレクティブ」(これが映画のタイトルになっています)で大きな火災が発生しました。現場にいた人が撮影した映像が挿入されますが、心底恐ろしい。その事故で病院に担ぎ込まれた人たちが、あとからあとから病院内で死亡してゆきます。不審に思ったスポーツ専門誌「ガセタ・スポルトゥリロル」の編集長たちが取材を開始します。そこで、製薬会社と病院経営者、さらに政府機関の癒着が浮かび上がり、不当な利益を得ていたことが判明しました。内部告発者の情報(信じられないほどひどいものでした)もあり、記者たちは巨悪に立ち向かっていきます。

カメラは、取材現場や編集部内でのリアルなやり取りを捉えていきます。全員本物の新聞記者ですが、ドラマを見ているようなスリルを生み出しています。

報道で真実を知った市民たちの怒りで内閣は辞職、日本の厚生労働省にあたる保健省の新しい大臣は、腐敗にメスを入れるべく活動を始めますが……..。

内田樹氏が、「みなさん、これが記者会見席の標準ですよ」とコメントを寄せているように、スリリングな記者会見の質疑応答は、あらかじめ質問の内容を知って回答を用意するような、なぁなぁな感じの日本のそれとは程遠いものがあります。

また、武田砂鉄氏は「権力者はどんな時も『安心』『安全』と言う。権力者はどんな時も『私はよく知らない』と言う。だからこそ、どんな時も問い詰めなけらばならない。」というコメントを寄せています。

「安心、安全」とむやみに言い放つ政治家には要注意ということです。

で、映画の最後がどうなるかといえば、あぁ、この国もそうか〜という結末です。選挙の投票率(特に若者の)がものすごく低いのです。これでは膿は出しきれません。

しかし、この事件を一級のドキュメンタリー作品として仕上げ、なおかつハラハラさせるエンタメ映画として通用させたスタッフの力技には、拍手を送ります。