昨日、このブログでご紹介した片岡義男の「珈琲が呼ぶ」など、珈琲に関連する本を集めたコーナーを作りました。珈琲の美味しい入れ方みたいな実用一点張りのものや、お店飲み歩きみたいなものは沢山出ていますが、読物として面白いものを探すのはちょっと時間がかかりました。

庄野雄治編集による「コーヒーと随筆」、「コーヒーと小説」(mille books/古書各1200円)は、珈琲が登場する小説、随筆がセレクトされているわけではありません。

コーヒーを生豆の状態で仕入れ、焙煎し、販売するコーヒーロースターとして徳島県内で店舗を構える庄野氏が選んだ10本の小説を集めた、「コーヒーと小説」の帯に、こう書かれています。

「小説は読まなければならないものではない。そこがコーヒーとよく似ている。コーヒーを飲まなくても人は生きていける。どちらも、あってもなくてもいい。けれど、あれば生活が豊かになる。だから、小説とコーヒーはよくあうのだ」

この本は以前、ブログで紹介していますので、今回は「コーヒーと随筆」をご紹介します。コンセプトは「繰り返し読める随筆集」です。二葉亭四迷、寺田寅彦、中原中也、北大路魯山人等々20名の随筆が並んでいます。お気に入りの珈琲店で、好きな所を読んでゆくのが良さそうです。

山川直人のコーヒーコミック、「コーヒーもう一杯」、「珈琲色に夜は更けて」、「一杯の珈琲から」(KADOKAWA/古書各600円)も、このコーナーに常備です。独特のペーソスで、現実世界を描いているのに、不思議なファンタジーの世界に迷いこんでしまいます。離婚した夫が、妻と暮す子どもと一緒に、大好きだった古本屋街を巡り、ひっそり店を開けているカフェで二人でコーヒーを飲む「バビロン再訪」など、中年男の哀感溢れる作品群をお楽しみください。

今話題のサードウェーブ・コーヒーの本もあります。何それ?と思われる方に、簡単な説明です。

「1960年年代に始まるインスタントコーヒーの普及で家庭に広まったファーストウェーブ、その後に続くスターバックなどの風味を重視するセカンドウェーブに次ぐ、第三のトレンドです。コーヒーの栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理に至る全てで適切な品質管理を行い、個性的で高品質の商品がこのトレンドです。」

私の感覚では、オーガニックコーヒーみたいなものだと思うのですが、詳しくは「サードウェーブ・コーヒー読本」(エイ出版/古書800円)を。

こちらは新刊ですが実用書で楽しい一冊。フランスでベストセラーになった「コーヒーは楽しい」(PIE2484円)は、サブタイトルに「絵で読むコーヒー読本」とあるように、カラフルなイラストで珈琲のすべてが学べます。

珈琲本の隣りには、名物書店店主の本などを揃えたコーナーも作りました。連休にのんびり読書はいかがですか?

 

 

 

入荷しました!

吉田篤弘「いつも晴れていた」(夏葉社1728円)入荷しました。サイン本1冊まだあります!

徳島県にある焙煎コーヒーの店「アアルトコーヒー」オーナー庄野雄治さんの本「コーヒーと小説」(サンクチュアリ出版1404円)が入荷しました。

「コーヒー屋になって何年もヒマだった。テレビもパソコンもない店だったから、とにかく一日じゅう本を読んでいた。そのほとんどが小説。しかも、これがすこぶる面白かった。そして、それらの作品から、時代は変わっても、人は全然変わっていないんだってことを教えられた。自然災害の前では立ちすくみ、妻と仲良くする男には腹を立て、猫の足の裏はあたたかい」

そんな彼がチョイスした本10冊。ジャンルに拘らずに、「コーヒー屋のくせにではなく、コーヒー屋だから作れた、ちょうどいい短篇集。コーヒーを飲みながら楽しんでいただけると、望外の幸せだ。」というアンソロジーです。

収録されているのは、太宰治「グッド・バイ」、芥川龍之介「桃太郎」、宮沢賢治「水仙月の四日」、江戸川乱歩「日記帳」、岡本かの子「鮨」、梶井基次郎「愛撫」、横光利一「七階の運動」、二葉亭四迷「嫉妬する夫の手記」、久生十蘭「野萩」、坂口安吾「夜長姫と耳男」という地味な作品ばかりです。芥川の「桃太郎」なんて、有名な「桃太郎」のパロディーというか、シニカルなバージョンアップ版というか、味わいがあります。岡本かの子は読んだことがなかったので、この短篇集が初体験でした。鮨好きの中年の男の話なのですが、奇妙な世界が広がっていきます。太宰の「グッドバイ」は未刊作品ですが、「未完成であるがゆえに完成されているという、不思議な作品」と庄野さんは絶賛しています。確かに面白い作品です。

ところで、もし私がこんな企画があったらどんな本を推挙するかなと考えてみました。「まずいコーヒーの話でよければ、いくらでも話していられる。」という書出しで始まる吉田篤弘の長編小説「ソラシド」(新潮社1200円)を。

「1986年1月忘日。五得町J社。午後六時。四階喫茶の殺人的にまずいコーヒーを飲みながら作業開始」などと「まずいコーヒー」なんて台詞が飛び出すのですが、逆にコーヒーを読みたくなる小説です。あと、音楽ファンにもぜひ読んでいただきたい一冊です。