いつも曇天で、肌寒い雰囲気が漂うこの牧場をカメラが捉え、映画「ゴッズ・オウン・カントリー」は始まります。厳格な父親と家を支える祖母、一人息子ジョニー。イギリスヨークシャー地方で牛と羊の牧場を細々と経営する一家が、この映画の主人公です。

息子の母親は、始終難しい顔をしている夫に耐えきれず、この地を去っています。病気で倒れた父親に、常に命令されながら、牧場の全ての仕事をこなしているジョニーに、喜びは見受けられません。仕事が終われば町へ行って酒を飲み続け、毎朝吐くという日々の繰り返しです。楽しみも未来もない毎日。同性愛者の彼は、酒場で引っ掛けた男と束の間の欲望に耽るのですが、その表情は少しも晴れません。

映画は、有無を言わさぬ力強さでそんなジョニーの毎日を描いていきます。ある日、病気の父親に代わって、季節労働者としてルーマニア出身の青年ゲオルゲがやってきます。羊を山にあげ放牧し、一緒にボロボロの山小屋で寝泊まりする二人。ごつごつした岩山、青空が全くないほど、雲が幾重にも大空を覆い、冷たい風が吹き抜けていくきます。

ジョニーは、この青年も同じ同性愛者だと見抜き、二人の男は野外で抱き合います。閉塞感、孤独が漂う中、最初は、ゲオルゲに差別感情を抱いていたジョニーでしたが、ゲオルゲの遠くを見つめる雰囲気や、ふと見せる優しさや、牧畜の仕事に対する真摯な姿勢に、少しづつ魅せられていきます。羊の扱い方も見事で、観ているこちらもこの青年に惹かれていきます。

「美しいけれど寂しい」とは、ゲオルゲが言ったヨークシャーの風景を表現する言葉ですが、それはそのままジョニーの心境につながっていきます。楽にならない暮らし、一向に距離の縮まらない父親との関係、将来への不安で苛立ちながらも、ジョニーはゲオルゲの登場で、少しづつ変化していきます。一度はゲオルゲと別れたジョニーですが、彼と共にやり直す覚悟を決めて、彼の元へ向かいます。画面後方に広がる空は、何と青空です。この空がとても美しい。泥まみれ、クソまみれ、精液まみれの中から、掴み取った幸せの予感が溢れるラストシーンが印象的です。

多くの映画祭で絶賛されたことも納得できる傑作です。

 

 

 

 

★イベントのお知らせ

6月5日(水)より「世界ひとめぐり旅路録」展をされる小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)