アメリカの物理学者ケネス・リブレクトと写真家のパトリシア・ラスムッセンが組んだ「スノーフレイク /SNOWFLAKE」(古書/山と渓谷社1500円)は、「森の生活」のソローのこんな文章で始まります。

「こんなものを生み出すとは、空気とはなんと創造の才に溢れていることか!夜空の星たちが降ってきてジャケットに張りついたとしても、この星たちの美しさにはきっとかなわないだろう。」

ノースダコタの農場育ちのケネス・リブレクトには、幼い頃から雪は身近な存在でした。雪の結晶の美しさに惚れ込み、その研究へ向かいます。本書では、雪の結晶を撮影する研究をしていたパトリシア・ラスムッセンの写真を駆使して、この美しい存在を解明していきます。

科学者の書いた本なので科学論文的な部分もありますが、決して専門家向けの難しいものではありません。そして随所にちょっと面白い表現があります。例えば「第6章 雪結晶の気象」では

「雪結晶は大気中で大量に生産されます ー毎秒10億✖️100万個という驚異的な速さです。10分ごとに無敵の雪だるまの軍隊ができるほどの雪が作られます。世界の人口と同じだけの雪だるまができるでしょう。地球誕生以来、地球丸一個分の小さな氷の結晶が、10回ほど降った計算になります。」なんとなくその多さがわかるような表現だと思いませんか。

本書にいっぱい収録された雪の結晶写真を眺めていると、美しさに魅了されます。こんな複雑なデザインをしているのか!と驚くものや、優雅なスタイルをしているものもあります。もう、宝石の世界です。よくもまあこんな写真を撮影したものです!とりわけ、「十二花/Twelve-Sided Snowflake 」と呼ばれる結晶の見事な姿をここまで完璧な形で撮影した技術には目を見張ります。こんなにも美しいものが空から降ってくるんですね。

そういえば、「雪は天から送られた手紙である」という名言を残した物理学者中谷宇吉郎も、結晶には深い興味を持ち研究していました。

「兎の毛の先に六花の結晶が白く光っている。そっと取り出して顕微鏡で覗いてみると、この出来立ての雪は天然の雪よりも一層の見事さである」

「中谷宇吉郎森羅万象の手帖」(LIXIL出版/新刊1980円)で、カメラが捉えた結晶の写真を楽しむことができます。

ひょっとしたら、この冬は、天から降ってくる雪を見る目が変わるかもしれません。