昨日の夜、NHK総合で19時30分から放映していたドラマご覧になりましたか。 技ありの、刺激的で挑発的なドラマを作るプロデューサーに拍手。タイトルは「ドラマ&ドキュメント 不要不急の銀河」。

コロナ感染拡大の危険な状況下、三密の条件揃った現場でどうやってドラマを制作してゆくのか。スタッフ一同の涙ぐましい努力が、先ずドキュメンタリーとして作られました。もちろん出演者全員、このドラマに関わっているスタッフです。ドラマの方の脚本を書いている又吉直樹も登場します。さて物語の舞台は、「銀河」というスナック。コロナ感染拡大で営業が苦しくなっています。マスターをリリーフランキー、その妻を夏帆、祖母を片桐はいりが、それぞれ演じています。

マスターの台詞で「スナックが、自分の生きがいを担っていて、ここがなければ人生終わっている人もいるはずだ」というのがありました。おぉ〜、これは小池知事が、夜の飲食業を十把一絡に「夜の街」と、なんだかバイキンの巣窟みたいに発言し続けたことへの、異議申し立てみたいに感じました。そういえばドラマの背景には、必ずと言っていいほど東京都庁が画面に入っているのです。いやでも「夜の街」を連呼した知事の顔が浮かんできます。

この知事を、武田砂鉄は「日本の気配」(晶文社/古書900円)でこう語っています。

「小池は徹底的にテレビを意識している。『いいね!』や『リツイート』で自分の人気を”メディア ミックス”してきた人たちとは異なり、とにかくワイドショーのトップニュースに君臨することに力を注ぐ状態が続いた。」

記者からの質問の最後に微笑む所作など、まさにTVの向こうにいる視聴者対策でしょう。武田は「テレビに氾濫することが政治家の力量だと思っている節がある」とまで書いています。

武田砂鉄は、以前ブログで紹介した栗原康「死してなお踊れ」の巻末に載っていた見事な解説で、印象に残りました。

「日本の気配」では、様々な政治家(首相夫人も登場します)や、社会の現象を基にしつつ、この国を覆い尽くそうとする嫌な雰囲気をあぶり出していきます。

著者曰く「ムカつくものにムカつくと言うのを忘れたくない。個人が物申せば社会の輪郭はボヤけない。個人が帳尻を合わせようとすれば、力のある人たちに社会を握られる。今、力のある人たちに、自由気ままに社会を握らせすぎだと思う。」

もともと、晶文社のHPに連載したものを中心に、各種メディアに発表したものを一冊にしたものですが、「改めて読み返すと、いちいちそんなことまで言わなくてもいいのに、と思うのだが、今、いちいちこんなことを言わなくてはいけないのだ」と後書きに書いてます。それほどに、日本にイヤな雰囲気が重苦しくのしかかっているのかもしれません。

無防備にTVやメデイアの情報に晒されて、判断力低下に陥りそうな今こそ、ズバリ切り込んでゆく武田の文章は心強い味方です。最後まで通読していませんが、ことあるごとにページを開いて刺激を受けています。