ご近所のギャラリー&BOOKSのお店「nowaki」さんに、DMを持って行った時のこと。ちょうど「nowaki」さんで開催されていた個展を観た瞬間、うわぁ〜、お腹の減る作品ばかり!と驚いたことがありました。

美味しそうなうどんが描かれた作品がズラリ並んでいたのです。絵を描かれたのはマメイケダさんで、このうどんの考案者が一井伸行さん。その時、ギャラリーにおられたので、ご挨拶させていただきました。

昨日、大阪のミニプレス出版社BOOKLOREから「ノブうどん帖」(1728円)という本が送られてきました。著者は一井伸行さん、絵はもちろんマメイケダさんです。

一井伸行さんは、「私はごく普通のサラリーマン家庭に生まれましたが、ある日突然うどんを打ち、出汁をとることになりました。今ではいろんなところで、うどん出汁のワークショップを開催しています。」と言う方で、プロの料理人ではありません。

著者自身もユニークですが、そのお父さんがまた格別に面白い。40年程前、お父さんは唐突に会社を辞め手打ちうどん屋を始めました。最初は閑古鳥が鳴いていたのですが、当時珍しかった手打ちうどんの美味しさが評判になり、大繁盛して支店を出すまでになりました。軌道に乗ったと思った途端、今度はアメリカ村でパスタやる!と言い出して、パスタ屋にさっさと転身してしまいます。ここで終わるかと思いきや、これからは農業や!と、10年以上続いたパスタ屋を閉じて、さっと長野県白馬村に移住してしまいました。著者も「すごい親父」と語っています。

そんな父の店で作ったうどんの出汁の味が忘れられず、多くの人に知ってもらいたくて、ワークショップを続けておられるのだそうです。この本には、著者のエッセンスが凝縮されています。すぐに役立つものばかりです。第一章はお父さんの話を中心にしたエッセイで、第二章はお出汁のレシピ。そして第三章が、友人たちのイメージに合わせて考えたうどんです。

「私が思い描くその人の印象を紙に書き出して、それを味や香りや食べ心地に置き換えて組み立てる。思いつきは良くても、食べておいしいと言うところに辿り着くまでには、なかなか仕上がりません。何度も試作を重ね、おいしく出来上がったらその人を訪ねて、一緒に食べる」という遊びを続けてきました。そんなうどんのレシピが溜まってきたので、マメイケダさんが絵にしました。名付けて「うどんスケッチ集」です。全て一井さんの友人知人のイメージに合わせたうどんが、たくさん描かれています。nowakiの店主、菊池美奈さんも登場。「ごまつゆ肉みそ」が、彼女のイメージとか。実に美味そうな面白い一冊です。