「女子の古本市」は、夏に行う古本市よりも絵本、ビジュアル系の本が沢山出品されています。

小薗江圭子・文、和田誠・絵の「モザイクの馬」(700円/出品・ますく堂)は、様々な馬のユーモア感覚溢れる物語に、和田誠の優しいタッチの絵がついた絵物語集です。

例えば「泥棒と馬」。盗んだ品を一杯背負わされて泥棒の家に帰る馬が、年老いて目が不自由になり、眼鏡を買って欲しいと頼むのですが、買ってもらえません。ある日、家と間違って交番に行ってしまい、盗品を降ろしてしまいます。泥棒は御用、そして馬は警察から表彰されるというストーリーに、一杯品物を積んだ馬の絵が添えられています。クスッと笑えて、ホッとする本です。和田誠の本としては、あんまり話題にもなってませんが、ファンなら持っていてほしい一冊です。

「こねこのぴっち」、「たんじょうび」、「長ぐつをはいたねこ」等の絵本で知られるハンス・フィッシャーは、本国スイスでは、版画、舞台美術、ショーウインドのディスプレイ等々、マルチに活躍した作家です。今回、出品された「ハンス・フィッシャーの世界」(3000円/出品・半月舎)は、絵本作家以外の仕事も紹介されています。チューリッヒ国際空港の壁画とか、チューリッヒ州教科書に使われたリトグラフ、或は1950年代後半の、もう絵本と呼んでいい素敵な日記などが収録されています。もちろん、彼の代表作「こねこのぴっち」、「長ぐつをはいたねこ」などの原画もふんだんに載っています。私は絵本作家としてしか認識がなかったのですが、そんなイメージを吹き飛ばしました。

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」(1500円/出品・甘夏書店)は、絵本化されたものが多数ありますが、リスベート・ツヴェルガー絵によるアリスは、ユニークなセンス溢れた絵本です。妙にデフォルメされた登場人物が目に飛び込んできます。ろくろ首??と勘違いしそうなアリスとか、ページをめくる度に、キャラの奇妙な面白さに惹きつけられます。表紙を見れば、そのユニークさもわかりますね。

兵庫出身のイラストレーター、中村佑介。多くのCDジャケットのイラスト、森見登美彦のブックカバーなどで、よく見かける作家です。ポップで、カラフルなセンス一杯の作品を集めた作品集「Blue」(1500円/出品・星月夜 )は彼の作品の集大成みたいな分厚い一冊です。発行は2009年。手元の奥付けを見ると第10版までいった人気本です。