フランシス・レイ(18年11月死去)に続いて、ルグランも天国へ行ってしまったのか…….。若き日に観たフランス映画で、煌めくような音楽を届けてくれた方々でした。

誰もが知っているクロード・ルルーシュ監督「男の女」の、ブラジリアンテイスト溢れる音楽を作ったフランシス・レイ、ジャック・ドミー監督「ロシュフォールの恋人たち」でジャズテイスト一杯のスインギーなサウンドを楽しませてくれたミシェル・ルグラン。監督の力量はもちろんですが、この二人の作り出すサウンドは、おしゃれで華麗なフランス映画というイメージを、私に、いやあの時代フランス映画を観ていた人に、間違いなく刷り込んでくれました。

ルグランは、1932年作曲家のレイモン・ルグランの息子としてパリに生まれました。パリ国立高等音楽院で学び、1960年代に、ジャック・ドミー監督「シェルブールの雨傘」でカンヌ映画祭で最高賞を受賞して以来、映画音楽家として第一線で活躍しています。

「シェルブールの雨傘」は、ミュージカル映画としては異色で、セリフなし、全編歌と踊りで進行します。人気のある作品ですが、私はあまり好きではありません。それよりも、何と言っても「ロシュフォールの恋人たち」が断然いい。「バカラック、ルグラン、ジョビン」(平凡社/古書1300円)の著者、小沼純一は、この映画を「出会いと別れ、再会の物語だ。他愛もないといえば、充分すぎるほど他愛ないし、お伽噺めいている。ご都合主義と呼んでもいいかもしれない。」と手厳しい意見を書きながら、詳細にルグランの音楽を語っていました。

そうなんです、この映画はどこにでもあるメロドラマなんです。けれども、ドミーとルグランが、これ以上幸せになれない程の気分にしてくれるのです。私は映画館で追いかけ、ビデオを買い、ブルーレイを買い、さらに、CD、レコードまで買い集めました。

映画音楽の巨匠となってからは、ハリウッドにも進出して、多くの映画を担当。ベスト1は、ノーマン・ジュイスン監督スティーブ・マックィーン主演の「華麗なる賭け」でしょう。どちらかと言えば、無骨なイメージの強かったマックィーンが、憎めないやんちゃな少年がそのまま大人になったイメージで登場して、これ以上洒落た人物はないという姿を見せてくれました。ジュイスン監督の技巧的な画面処理と、やはりルグランの流麗なサウンドが大きかったと思います。

12月26日、ルグランが86歳でこの世を去った時、リステール文化相は「今朝、われわれはみな、ミシェル・ルグランの歌を口ずさんでいる」とTwitterに投稿しました。母国でもこんなに愛されていたのですね。

 

 

 

★レティシア書房 恒例「女子の古本市」は2/6(水)~2/17(日)です。出店者は女子ですが、もちろんどなたでもご来店くださいませ!今回も27店程にご参加いただきます。お楽しみに!

「女子の古本市」準備のため、4日(月)5日(火)はお休みいたします。