はしだのりひこという名前を聞いて、「帰ってきたヨッパライ」を歌っていたフォークシンガーと即答できる方は、50代より上の世代ですね。1945年京都生まれ、北山修、加藤和彦らとフォーククルセイダーズを組み、一世を風靡したバンドのシンガーソングライターです。彼が、主夫業に奮戦した日々を描いた「お父さんゴハンまーだ」(半月舎出品/教育史料出版会500円)は、まだ「主夫」なんて言葉のなかった時代のお父さんの姿がユーモアたっぷりに描かれています。

「子どもの成長によって親が成長する”育ちあい”  いまからでも遅くない。お父さんたちよ、家に帰ろう! そして、家庭にあっても、父親としての企業努力にめざめよう!」

という言葉は、時代を先取りしていましたが、残念ながら2017年にこの世を去りました。

オモロイ個展の図録やなぁ、と思ったのが「ザ・タワー都市と塔のものがたり」(古書柳出品/大阪歴史博物館2500円)です。この展覧会は、2012年2月〜5月に東京都江戸東京博物館で、同年5月〜7月に大阪歴史博物館で開催されました。19世紀から20世紀にかけて、三つの都市パリ、東京、大阪に誕生した塔を中心に、各地の塔と都市がどう結びつき、発展していったのかを考察するものです。パリのエッフェル塔、東京の凌雲閣そして、大阪が誇る通天閣が、写真、絵画、図面等の資料を駆使して丹念に論じられてます。昭和18年に近隣の火災のために、通天閣も延焼し鉄骨が歪み、解体されて300トンの鉄の塊になった通天閣は、軍に鉄骨として供出されますが、利用されることなく明石の浜で風雨に晒されていたそうです。

東京タワーの特集で「たそがれの東京タワー」というタイトルの映画ポスターが登場します。大映のメロドラマ。主題歌はフランク永井「たそがれのテレビ塔」って知ってる人いらっしゃいますか?

萩尾望都が、「残酷な神が支配する」「あぶない丘の家」を雑誌連載していた超忙しい90年代前半に、角川書店の雑誌「The Sneaker Special」に書いたSF小説4作品を単行本にした「ピアリス」(本は人生のおやつです出品/河出書房新社700円)はファンなら見逃せません。発表当時は、「木下司」というペンネームで発表していました。残念ながら、この雑誌は4号で廃刊になり、小説もそこでストップしてしまいました。この単行本には、40点のイラストが収録されています。

 

 

 

 

★「夏の古本市」は18日(日)まで開催しています。(12日(月)は定休日。)

その後19日(月)〜23日(金)まで休業いたします