数年前に出来た新刊&古書のお店「待賢ブックセンター」の「処暑の古書市」を、本日よりレティシア書房で開催します。期間は9月5日まで。

で、どんな本が出ているか、ちょっとご紹介いたします。

先ずは、全13巻セットの大作「ファブル科学知識全集」(15000円)です。これは、大正11年に出された「ファブル科学知識叢書」の改訂版として、昭和4年に刊行されたもの。版元はアルス。ここはアナキスト系の出版社で、「大杉栄全集」とか出していました。ファブルなら昆虫記がメインですが、この全集は、それ以外も全て網羅しています。第1巻「天体の驚異」からスタートです。「月より見たる地球」などという口絵が載っているところとかが面白い。

夏目伸六、夏目という苗字からわかるように、漱石の次男です。明治41年生まれ、昭和15年に文藝春秋に入社し、ジャーナリストとして活躍するも、随筆家に転身しました。彼が昭和35年に発表した「猫の墓」(文藝春秋1000円)を見つけました。

「この日は、しんしんと寒気の身にこたえる、いてつく様な寒い日であったが、葬儀をおえた父の棺は、青山斎場から、すぐさま、落合の火葬場に運ばれた。そうして、父の死体は、くしくも、数年前、父自身が、始めて拭い難い肉親としての哀愁を以て、幼い末娘を荼毘に付した、その同じかまどで焼かれたのである。」

これは「父・臨終の前後」に登場する文章です。間近に父、漱石を見てきた人にしか書けません。

 

当店でも人気の絵本作家nakabanさんの珍しい本を見つけました。2002年に発行された「バースデイブック」(アムズ・アーツ・プレス1200円)です。誕生日がやってくる楽しさをカラフルに描いた小さな本です。ファンなら持っておいていいと思います。

その他、珍しい本が沢山出ていますので、暑い最中ですが一度遊びに来てください。

待賢ブックセンター「処暑の古書市」は8/25(水)〜9/5(日) 

8/29・30・31は休み 13:00〜19:00

 

●勝手ながら8/29日(日)は臨時休業させていただきます。

●北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約