映画館で観たい映画ってありますよね。

古くは「アラビアのロレンス」「2001年宇宙の旅」「地獄の黙示録」「未知との遭遇」そして「スターウォーズ」と、大スクリーンで、響き渡る音響の中に身を置いてスクリーンを凝視することで、その映画のスゴさを理解できる映画。

「ブレードランナー」の続編として製作された「ブレードランナー2049」もそんな一本でした。映画が始まってすぐに広がる未来のLAの都市の姿など、小さい画面で観たら、その迫力なんてさっぱりわかりませんね。

先ず、この映画、言葉で書かれたシナリオの世界を、よくもまぁ、ここまで映像化したもんだと驚きました。最先端のCG技術を駆使しながら、意匠デザイナー、セットデザイナー、美術監督、色彩コーディネーター等々多くのプロが作り上げた2049年のLAの姿を堪能してください。

そして、CGは凄いが中身からっぽの大作が多い中、深い物語性をきちんと備えていました。前作「ブレードランナー」は、反乱した人造人間(レプリカント)を追いかける捜査官を描いた単純なストーリーでした。今回も、そんな感じの話ですが、ゆっくりしたリズム(上映時間は2時間半を超えます)で、進行していきます。自身もレプリカントの捜査官Kが、人間に反旗を起こした旧型レプリカントを追い詰めてゆく過程で、自分の頭の中にある記憶を巡って疑問を持ち始めます。私とは何者なのかという問いかけが、とんでもない方向へと向かっていきます。圧倒的な映像美に幻惑さらされながら、私たちもKと共に長い旅をすることになります。

監督は、個人的に今年のベスト3に入る「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。「メッセージ」の時も、複雑なストーリーを単純に割り切らずに、不可解な部分を残しながら演出していました。

「ブレードランナー」の下敷きになっている日本のアニメ「甲殻機動隊」は、人間の躰に機械を埋め込んだ人物が主人公です。つまり、生物だった人間が、無生物へと転化してゆく世界を描いています。しかし、「ブレードランナー2049」は、その逆です。人造人間であるはずのレプリカントが子供を生むという、無生物だったはずの存在が生物として存在しうるのかへと向かいます。どちらにしても人間って何?というテーマを内包していることは間違いないですね。

様々な解釈が成り立つ映画です。テクノロジーに満ちた世界を描きながら、雪とか木とか虫が、何らかの意味合いを持って迫ってくる不思議な作品でもあります。もう一回見ておきたい(大画面で)と思いました。