スペインの詩人、フワン・ラモン・ヒメネス・マンテコンが1900年代初頭に発表した散文詩「プラテーロとぼく」(岩波少年文庫/古書400円)は、限りなく美しい物語です。スペインで発表後、各国で翻訳されて、一匹のロバ、プラテーロと飼主の少年の物語に多くの世代が共感しました

「岩波少年文庫」と言う児童書のジャンルに入っていますが、むしろ、大人が読んだ方が、この世界の美しさと、そこに流れる平和が理解できるのではないかと思います。

「静かな一瞬が不意におとずれたとき、プラテーロが高く鳴く。そのやさしい鳴き声は、昼日中のような明るい神秘さに、すぐにまた立ちかえる鐘の音や、花火や、ラテン語や、モデストの楽隊の音楽と、いっしょに溶け合う。そしてその鳴き声は、空高く舞いながら、甘美なものとなり、余韻を残して、清らかなものになってゆく………。」なんて文章がポンポン登場するので巣から。

本書は、南スペインのアンダルシア地方ポルトガルとの国境の町モゲールで、ロバのプラテーロと過ごした青春の日々を138編の散文詩で構成されています。ナイーブで、闘牛や闘鶏の大嫌いな優しい少年。そして動物や弱い者へ向ける視線は、この上なく暖かい。その一方で、どこか社会に対して虚無的に見ています。ロバ一頭だけが友達だった孤独感も顔を出します。      

「きみのその目はね、プラテーロ、きみには見えないけれど。おだやかに空を見あげているその目はね、美しい二つのバラなのだよ。」

少年は、愛するプラテーロと、毎日少しづ変化してゆく町の様子、自然の香りを感じ取っていきます。やがて少年とプラテーロの別れがやってきます。

プラテーロの死を知った少年のいる場所をこんな風に描いています。

「しいんと静まりかえった馬小屋の中に、小窓から射しこむ日の光 をよぎるたびに燃えながら、三色の美しい蝶が一つ、飛びまわっていた…….。」

この上なく美しい、という言葉しか出てきません。随所に挿入されるラファエル・アンバレス・オツテガのイラストも、この本の世界にぴったりです。

最近、山本容子の版画がジャケの新訳朗読CDも発売されました。今でも、人気があるんですね。