吉田篤弘のデビュー作「フィンガーボウルの話のつづき」(平凡社/古書1400円)が、書き下ろし解説を含むリマスター版として復刊されました。本書は2001年新潮社より単行本として刊行され、2007年8月新潮文庫から出ましたが、単行本、文庫とも絶版になっていました。装丁はもちろんクラフト・エヴィング商會で、イラストは著者が描いています。親書を少し大きくしたサイズは、手に持った時の感触が素敵です。

著者は、この増補版に収録されている「『フィンガーボウルの話のつづき』を書くまで」で、自分の書く物語を壮大で大きな物語ではなく、「ささやかな『小さなもの』でいい。読むのに何週間もかかる大長編ではなく、子供のころに書いていたもの、仕事の合間にこっそりと書いてきたもの、そうしたごく短いものでいい、それが自分にはちょうどいいのだ。」と語ります。では、どうしたらそんな物語が出来上がるのか。

この小説は11の短編から成り立っているのですが、どの物語にも共通するのが、ビートルズの傑作アルバム「ホワイトアルバム」です。曲がどうのこうのというよりは、このレコードジャケットに印字されている6桁の数字が、大事になっています。私の持っているアルバムにも「No A 418604」という数字が印字されています。

「ひとつ、ヒントがあった。とある中古レコード店でビートルズの<ホワイトアルバム>を見つけたとき、ジャケットの

隅に打たれた六桁の数字に、ふと感じ入った。それは全世界共通の通し番号で、本当かどうか分からないが、同じ番号は二つとないという。そこから物語の入口を思いついた」

そうして出来上がった物語がこれです。「やわらかな雨の降る日に開く<レインコート博物館>」、「毎日、午後四時あたりになると、かならずそこへ閑人たちが集まって来る」という閑人カフェ、「食堂の本当の名前が思い出せない。なんというかセイロン風の名があったかと思うが、私たちは皆、『シナトラ食堂』と呼んでいた、等々不思議な店がポツリポツリとあるこの街を歩くことになります。ビタースィート、メランコリック、そして少々ペシミスティックでありつつ、ロマンチックな世界が心地よくなってきます。

いいセリフをひとつ。

「人の記憶に残ることなど、引きちぎられた紙屑ぐらいのものでしかない。それはまさしく、ちょうど<予告編>ぐらいの分量ではないか」

 

★イベントのお知らせ

「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)