2018年8月6日、ひだまり舎は出版社としてスタートしました。

「ひだまり舎の本のテーマは、平和、いのち、幸せ。大切なことを、しずかに伝えていきたい。本をひらく時間が、ひだまりのようにあたたかいものでありますように。」

と、本と共に送られてきたポップに書かれていました。出されている本は4点です。

先ずご紹介したいのは、2003年ボローニャ国際絵本原画展入選後、フランスで出版された作品の凱旋出版となった「マルをさがして」(新刊/1980円ポストカード付き)です。著者の山本久美子は、多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。飼犬マルとタケル少年の夏のある1日を描いた作品です。とにかく、絵が素晴らしい。表紙の昼寝しているタケルの家の畳の雰囲気だけで、その巧みさがわかります。

そして、田島征三(絵)・国広和毅(文)による絵本「ちきゅうがわれた!」(新刊/1760円)も面白い一冊です。おっちょこちょいのワニが巻き起こす大騒動の物語。田島征三の絵にさすがに力があって、読者をぐんぐん引っ張っていきます。昼寝をしていたワニの耳元で、大きな音がします。それをワニは、すわ!地球が壊れた!と勘違いして、他の多くの動物たちを連れて逃げ出すのですが……..。ワニの表情が、なんとも愛嬌があります。

3冊目はイラストブックで、おかべてつろう「17歳 光と陰の季節」(新刊/1540円/ポストカード付き)です。これから17歳になろうとする人、あるいは、かつて17歳だった自分を、優しく励ましてくれます。17歳、まぶしく輝いているようだけれど、実は闇を抱えて迷いの中にうずくまる、そんな若い頃を、猫たちがそっと見つめます。プレゼントに最適です。

最後にご紹介するのは、「地球の仲間たち スリランカ/ニジェール」(新刊/1760円)。

編者の「開発教育を考える会」は、青年海外協力隊に参加し、帰国後教育に携わってきたメンバーたち。スリランカ、ニジェールの現地の子どもたちの日常生活の写真を通して、私たちと似ているところや、全く異なっているところを取り上げて、世界の広さを知ってもらうために企画された写真絵本です。今後、『地球の仲間たち』シリーズとして刊行される予定です。

ところで、スリランカから、日本にココナッツの実が輸入されていますが、その実の繊維からタワシが作られていることを、この本で初めて知りました

個性的なひだまり舎の本を、是非一度手に取ってみてください。