手差ユニッツによるコミック「素晴らしき七番地」と、コミックの各章のタイトルに合わせた音楽を演奏するザ・ロスト・クラブのCDがカップリングされたミニプレスを、入荷しました。(ミニプレス1080円)

コミックの方は、何ということのない日常をすくい上げた脱力系。日常生活のありふれた一瞬を浮き上がらせる中に、これは上手い!と思わせる作品をいくつか見つけました。

Tシャツを着た青年が電車に乗ります。するとどこからか飛んできたトンボが、すっと青年のシャツに止まります。その様子を見ていた年配の女性が隣の乗客に「トンボですよ。じっとして 羽が好きとおってキレイです。」語りかけられた人が「それは、もう秋の話題だね」と答えると、トンボは青年のシャツを離れて飛んでいきます。6コマのたったそれだけのものなのですが、女性が語りかけた隣の人は、視覚障害者なのです。挽夏の昼過ぎの空気感と、秋の予感を切り取ったセンス、優しさが漂います。

 

あるいは、花火大会に行こうと思っていたカップルが、電車延着で間に合いそうにない状況になります。花火の音が聞こえてくる中、せっかくもらった花火大会の「指定席」が無駄になると電車を降りて、ふと見上げるとホームの向こうに打ち上げ花火が上がっているのが見えて、「自由席!」と二人は笑い合います。ほのぼの…..。

このコミックについている音楽も素敵でした。80年代の英国アコーステイックサウンドの切なさや、日本のシティーミュージック創成期の品の良さを、自分たちのモノにした音楽です。全7曲。自宅や車内でエンドレスに流しても邪魔になりません。

もう一冊、ほのぼのと笑わせてくれるのが、鶴谷香央理の「メタモルフォーゼの縁側1巻」(角川書店500円)です。75歳のおばあちゃんが立ち寄った書店で、手にした一冊の本。なんと、それはボーイズラブの漫画だったのです。このおばあちゃんと、書店で働くボーイズラブ大好きの女子高校生との交流を暖かく見つめていきます。一人暮らしのおばあちゃんと、周りのキャピキャピした環境に馴染めない高校生が、ボーイズラブの漫画を接点にして、新しい毎日を生きてゆくというのが物語の骨格になっています。マニアックな世界に閉ざされていたボーイズラブを、こんな風に何の衒いもなく出してきたセンスの良さに驚かされました。(現在3巻まで単行本化されています)

 

 

 

トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。