1991年、アフリカ東海岸の国ソマリアで内戦が勃発し、反乱軍が首都モガディシュを制圧。空港は封鎖され、通信網も遮断されます。映画「モガディシュ」は、そんな状況下、韓国大使とその一家が国外へ脱出する姿を描いています。悪戦苦闘する彼らのもとに、やはり大使館を構えていた北朝鮮の大使とその一行が駆け込んできて、共に脱出をせざるを得ないという、さらに大変な状況に陥ってしまいます。

事実を基に描かれているのですが、敵対していた両国のことゆえに、その顛末がなかなか公表されず、映画化に先立ちかなり入念なリサーチを行なったようですが、公開されるや否や、大ヒット。2021年の韓国映画No.1になりました。

敵対する両国の人間が、危機的状況の中でお互いに信頼感が生まれて、共に生きる道を探してゆく感動作なんだろうなぁ、などと推測された方、大間違いです!

最初はいがみ合っていて警戒していた彼らは、もちろん同じ民族なので、少しは距離を縮めていきます。しかし、北の人の南への、逆に南の人の北への不信感は、そう簡単になくなるものではありません。監督のリュ・スンワンは、そのあたりをかなりペシミスティックに描いています。

象徴的なシーンがありました。北朝鮮の人たちが韓国大使館に逃げ込んだ時、そこに韓国の子供達が遊んでいるキャラ人形がありました。北朝鮮のお母さんたちは、直ぐに自分の子供の目を塞ぐのです。あんな汚れたものは見てはいけない、と言わんばかりです。

イタリア大使館まで行けば、最後の救援機に乗れることを知った彼らは、反乱軍が支配する街中を車4台に乗って突破していきます。その時、北朝鮮大使が、韓国大使に向かって「ここには、いらない本はあるか?」と問いかけます。南の大使は「??」という顔つきです。

なんと、大使館にある本を片っ端から車に結びつけて銃撃から身を守る盾にします。さらに、木のドアの一部など使えるものを二重、三重に結びつけて、まるで戦車のように仕立てあげていきます。そして銃弾が飛び交う中を突破してゆく様を、もう笑ってしまうぐらい、これでもかこれでもかと見せてくれます。いや〜お見事。韓国アクションの真髄見たり!

そうして無事に空港へ到着し、最後にそれぞれのバスに乗り込む両国大使。握手でもするの?そんな野暮な演出はしません。分断された国家の人々の気持ちを一瞬の後ろ姿で見せます。今年見た映画(まだ上半期ですが)でベスト1のラストシーン。予想以上に面白い映画でした。