西子智編集の「ライフ 本とわたし」(ミニプレス594円)の販売を始めました。

何人かの執筆者が、巡りあった本と、自分の人生がクロスしてゆく様を綴ったものです。選ばれている本が刺激的です。宮内勝典「ぼくは始祖鳥になりたい」、リチャード・ニクソン著・星野道夫写真の「内なる鳥 ワタリガラスの贈りもの」、山田詠美「ぼくは勉強ができない」等々、オーソリティある方々がいかにも大御所の本をあげた、という本とは一線を画しています。

宮内の本を選んだ浅野卓夫さん(編集者)は、「自分探しはしない。自分ではない誰かから託された声を記録し伝えること。このときの旅の経験が、のちに編集という仕事を選択することにつながった。」と、宮内の本と自分の南米行きが、その後の人生を決定したと書いています。本が、その人の人生に何らかの影響を与えるって素敵なことですね。

「ライフ 本とわたし」に収録されている写真は、疋田千里さん。老人の手と本とペンを捉えた写真の佇まいがこの本を象徴しています。疋田さんの写真集は、当店でも販売しています。

 

南陀楼綾繁さんの「編む人」(ビレッジプレス1728円)は、様々なアプローチで本を作り続けている人達9人へのインタビューをまとめたものです。「入谷コピー文庫」という、わずか15部しか作らない小さな本があります。編集者は堀内恭さん。ご縁があって、毎号送っていただいていますが、内容が濃いので、楽しみにしています。インタビューでは15部しか作らない?!というその辺りのことを話されています。(入谷コピー文庫の小栗康平監督特集では、わたしの拙文も掲載して頂きました。)

画家の牧野伊三夫さんが立ち上げた、美術専門のミニプレス「四月と十月」。1999年から、年二回発行を続けています。牧野さんは、画家、ミニプレスの発行以外にも、マルチな活動をされています。その一つが飛騨にある家具メーカー飛騨産業の広報誌「飛騨」の創刊です。単なる広報誌ではなく、飛騨高山の魅力も伝える無料冊子で、当店にも20冊程入荷しますが、すぐに無くなります。「飛騨」に描かれている牧野さんの絵を楽しみにしておられる方も多いはずです。インタビューの最後で、こう話されています。

「一見何でもないものなんだけど、よく見ると奥深いというようなものの方が好きなんですね。あいまいな何かを見つめた方が、広がりがあって面白くなる。絵を描くときも、仲間たちと本をつくるときも、ぼくはいつの間にかそんなことを考えています。」

牧野さんは絵だけでなく、文章も素敵です。食べることを楽しく描いた「かぼちゃを塩で煮る」(玄冬舎1404円)を是非お読み下さい。