野生のクマの写真で、星野道夫を越えてゆくのは、なかなか出現しないだろうと思っていましたが、やはりさらに前に向かう者っているんですね。

雑誌「ライフスケープvol.1」(ブテッィク社1100円)で特集を組まれている前川貴行の作品を観た時、星野とは違うアプローチで、野生に切り込む写真家の鋭い視線に魅了されました。それは、彼の「道を拓いた一枚」と題して紹介された写真で、2002年秋、南アラスカで撮影された、サーモンを口にくわえたブラックベアーを捉えた作品です。

血の滴るサーモンを頬張るブラックベアーの表情。目には狩猟する者としての深い悲しみさえ感じさせてくれます。

もう一点、クマではありませんが、2012年ウガンダで撮影されたマウンテンゴリラを正面から捉えた作品。ジャングルの神に相応しい威厳と洞察力、そして優しさを漂わせた一枚です。出来うるならば、彼の前に座って長きにわたる森の話を聞かせてもらいたいものです。

彼は動物写真家として歩み出した頃、鬱蒼とした獣道で、ばったり一頭のシカに出会います。その時の気持ちをこう書いています

「宇宙人にでもばったり遭遇したような、動物が動物を越えた何物かであることをその瞳に感じた。そしてシカと僕は同じ大地に立ち、今を生きる命としてあくまで対等な一個と一個であった。」

彼の作品に登場する動物達の特徴は、彼等の目を捉えていることでしょう。星野が、すべての外界の情報を取り込む彼等の鼻に着目していたように、前川は視線にすべてを注ぎます。お互い、対等な存在として見つめあっているように。

彼の作品集は何点か出ていますが、ひとつだけ古書で見つけました。「Bear Worldクマたちの世界」(菁菁社3200円)です。北海道で撮影されたヒグマの親子の仔グマが、「うん、何か用?」とでも言いたげな視線は傑作です。

 

 

ところで、当店のクマがらみの企画をご紹介いたします。

●11月3日(火)〜15日(日) 安藤誠写真展 北海道在住のネイチャーフォトグラファーの写真展。

2014年「ネイチャーズフォトグラフィージャパン」で鳥部門凖グランプリ、動物部門入賞されました。その記念すべき写真展です。安藤さんのクマを捉えた写真も、同じく「ネイチャーズフォトグラフィージャパン」の動物部門で入賞されています。今回の写真展にもクマが登場するかは、お楽しみです。

 

●2016年5月24日(火)〜6月5日(日)すずきまいこ作品展。

札幌在住の鈴木麻衣子さんの絵本「ぼく生きたかったよ」(かりん舎)の原画展。これは戦時中に、動物園から逃げると危険との理由で殺処分にされたクマの話です。因みに京都市動物園もクマ、ライオン等14匹を処分しています。

決して明るいお話ではありませんが、戦争好きの首相にも、この絵本をぜひお読みいただきたいものです。

なお、こちらの絵本は近日販売を開始します。