砂澤ビッキは、作家の武田泰淳の小説「森と湖の祭り」の主人公のモデルになったアイヌの木彫家です。彼は、1931年旭川に生まれました。ビッキという名前はアイヌ語ではなく、方言で「カエル」のことで、本人が気に入って使い始めたそうです。

芦原伸著「ラストカムイ」(白水社/古書2200円)は、ビッキの足跡を辿って北海道各地を巡り、さらにカナダの少数民族ハイダ・グアイの人々の元に赴き、綿密な取材を重ねていきます。そして北太平洋沿岸の先住民(ハイダ族)の生活にアイヌ文化の影があることを感じ、さらにはハイダ族の始祖は縄文人ではなかったのかという仮説を打ちたて、それが仮説ではない確信を持つまでを描いたノンフィクションです。

ビッキは、幼少の頃、美瑛川の川岸大地に入植した父親の開墾生活を見ながら育ち、アイヌとしてのアイデンティティーを認識しました。その一方、目前に広がる大自然に魅了され、「木彫造形の芽生えと絵心の楽しみを教えてくれた」と書かれています。

やがて、阿寒に移ったビッキは、テントを背負って、森に入り込み、樹木と語らいました。「アイヌは科学ではなく、長らく森と共生してきた経験や信仰から植物にも霊魂が宿っていることを知っていた。またそれぞれも樹木の特性も熟知していて、感謝しながら利用していた。」と著者が記すように、ビッキも森を理解し、その中から、彼のアートが出来上がってきました。

面白いと思ったのは、澁澤龍彦が絡んでくるところです。「ビッキの生涯を思う時、この鎌倉での澁澤龍彦との出会いがのちのビッキの芸術を決定づけたのではないか。」と。

本書では、彼の生きた時代とアイヌの歴史を重ねながら生涯を追いかけていきます。その最期は壮絶でした。1989年、すでに大腸ガンが骨髄にまで転移し、手遅れの状態でした。にも関わらず、神奈川県民ホールで行なわれる展覧会には、ベットに寝たまま会場に赴き展示の指示をして、なんとか北海道に戻りました。そして、それから数日後に亡くなりました。享年57歳でした。

本書の後半、北大西洋沿岸の先住民族とアイヌとの関係、さらに縄文人が関わってくる大きな物語は、これだけで一冊の本になりそうです。

「この物語を書こうと思った動機はハイダ・グアイの木彫文化がアイヌアートに伝わっていないかとの検証を試みることだった。しかし、今ではそれは逆で、縄文人がベーリンジアを越え、アメリカ先住民・ハイダ民族の始祖となったのではないか、と考えるようになった。」

こんな壮大な仮説の本、読んでみたいです。