話題の映画「ラム」を、京都シネマで再上映していたので観てきました。観終わってすぐの感想をタイトルにしました。

とにかく観たことのない映画でした。舞台はアイスランド、荒涼たる大自然が映し出されます。どんより曇った空、吹き付ける風、容赦無く降る雪。日本とは全く違う自然の光景に目を奪われます。

そんな土地で羊飼いとして生計を立てているイングヴァルとマリアの夫婦が主人公です。ある日、羊の出産に立ち会った二人が取りあげたもの、それは頭は羊で下半身は人間という理解不能の生き物でした。映画は、見せる、見せないの駆け引きを巧みに使って、観客を画面に引きつけます。

夫婦は、さして驚きもせず、また恐怖も感じることなく、この生き物をアダと名付けて育てていきます。下手をすれば、グロテスクな怪奇映画になるところを回避して、静かに夫婦の子育てを描いていきます。

夫婦は以前に幼子を亡くしていました。おそらく二人は、子供が帰ってきたという気持ちだったのでしょう。アダは育っていきます。やがて歩くようになり、服を着て外にも出ていきます。ここを訪れた夫の弟に、これは何だ?と問われた時に、イングヴァルは「小さな幸せ」だと答えます。

ローアングルで草原をヨチヨチ歩くアダを捉えた後ろ姿は、可愛らしさに満ちています。しかし、アダを生んだ母ヒツジが、しつこく寄ってくることに我慢しきれなくなったマリアは、母親を撃ち殺し、死体を埋めてしまうあたりから、大きな悲劇へと向かっていきます。

アダが大きくなった時どうするのか、夫婦がこの世を去ったとき、人にもなれず、羊にも戻れないアダはひとりで生きていけるのか。

そしてラスト、マリアは夫もアダも失います。でも、アダは死んだわけではありません。そうか、こういう幕切れか。これしか、ないだろうなアダが生きて行くには……。

吹き付ける風の中で、呆然と立ち尽くすマリアのアップで映画は終わります。辛い….。しばらく、席を立てませんでした。アイスランドが生み出した傑作です。

 

Tagged with: