絵本作家酒井駒子の初の本格的な個展「みみをすますように」が、東京PLAY! MUSUEMで始まりました。酒井駒子は、静謐なタッチの絵とシンプルな言葉が溶け合う絵本で、数多くのファンを持っています。(私もそうです)

個展に合わせて画集「みみをすますように」(BlueSheep/新刊4180円)が刊行されました。20数冊にも及ぶ絵本の中から約300点の原画と、30点あまりのラフスケッチをセレエクトしています。

私が初めて彼女の作品に出会ったのは、2008年河出書房新社より発売された「くまとやまねこ」でした。仲良しの小鳥が死んでしまい、生きる気力を無くしたクマは引きこもりの生活を続けています。しかしある日、音楽を奏でるやまねこの音色に誘われるように外に出て行きます。亡くなった小鳥が、今も自分の心の中に息づいていることを悟ったクマは、音楽を奏でて各地を回るやまねこと一緒に旅に出る決心をするという物語です。これは、文章を湯本香樹実が書いています。喪失から再生へと向かうクマの姿が切なく、また彼を助けるやまねこの暖かさに胸打たれます。

次に出会った酒井の作品は、絵本ではなく、2012年の発表された川上弘美のファンタジー長編小説「七夜物語」でした。小学四年生の女の子が、図書館で見つけた「七夜物語」に導かれて不思議な世界を巡ってゆく物語です。絶版になっている単行本は、各ページに酒井の作品が小さく挿入されています。下巻表紙は、長いテーブルで食事をしている女の子と友達の男の子と、「スプーン」や「消しゴム」や「ハサミ」が描かれていて、奇妙なんですが、独特の暖かく深い画風が素敵です。(画集にも入っています)

画集の最後には、本の題名と簡単な解説を記した資料があります。これから、酒井の絵本を集める時の役に立つと思います。

なお、この「みみをすますように」展は、夏には神奈川で開催されて、その後全国を巡回する予定です。関西にも回ってくることを期待!

 

 

 

「こどもと こどもは せんそうしない けんかは するけど せんそうはしない」

という極めて全うな詩句で構成された谷川俊太郎(詩)、江頭路子(絵)による「せんそうしない」は、読んでおきたい、そして誰かにプレゼントしたい絵本です。

海辺で楽しく遊ぶこどもたちに「せんそうするのは おとなと おとな じぶんの くにを まもる ため じぶんの こども まもる ため でも せんそうすれば ころされる てきの こどもが ころされる 」という言葉が心にジンと響きます。

こどもを主人公にした絵本をもう一点。中山千夏(文)、和田誠(絵)の「どんなかんじかなあ」。登場するのは、耳が聞えない、目が見えない、歩けないといった障害を持つ子供と、阪神淡路大震災で親を亡くした子供。そんな風に書くと、なんかつらそうな感じですが、これメチャ明るい絵本。和田誠の色彩がお見事としか言いようがありません。

酒井駒子ファンの方なら、川上弘美のファンタジー「七夜物語」(上)(下)はいかがでしょう。ハードカバー版には、裏表紙、目次のページにまで、多くの絵が散りばめられています。定価で買えば4000円ほどするところですが、1700円と半額以下に。このチャンスをお見逃しなく。

児童文学作家、阿部夏丸の「オグリの子」。これは泣けてきますね。競馬界屈指の名馬オグリキャップの子供オグリダービーと、その疾走する姿に引込まれる3人の少年たちを描いた小説です。少年が、初めてオグリの姿に感動して、騎手に名前を聞くところの描写は、極めて映画的です。馬と少年の交流話はよくありますが、これも名作と呼んでいいと思います。

もう一点、絵本を紹介します。手塚治の「もえよドラゴン」。こんな絵本も書いていたんですね。短篇を集めた一冊ですが、このお姫様のために獅子奮迅の活躍をする龍が面白い。手塚らしいダイナミックな動きのある絵が楽しめます。

★本日の紹介本一覧(書名/出版社/価格/出品店)

「せんそうしない」(講談社/700円/おひさまゆうびんしゃ)

「どんなかんじかなあ」(自由国民社/300円/おひさまゆうびんしゃ)

「七夜物語」(朝日新聞/1700円/原子心母)「オグリの子」(ブロンズ新社/300円/Mt.Book)「もえよドラゴン」(河出書房新社/300円/マヤルカ古書店)

 

★レティシア書房 夏の一箱古本市は8月20日(土)まで開催中 

(最終日は18時まで。15日(月)は定休日。)

★レティシア書房 夏休みのお知らせ 8月21(日)〜25(木)