ヘェ〜藤沢周が、こんな本格的時代物を書くんだ!小説の王道を行く堂々たる出来栄えに感動しました。

私にとって藤沢作品といえば、「ブエノス・アイレス午前零時」とか、「サイゴン・ピックアップ」などのクールな感覚の現代物でした。それ以来、彼の著作は読んでいませんでした。

で、何でこの「世阿弥の最後」(河出書房新社/新刊2000円)に手を出したかというと、十年ほど前からお能を見たり、小鼓の稽古に通ったりしていることが大きいと思います。室町時代、能のスタイルを完成させた観阿弥と世阿弥親子。本書では、世阿弥が時の将軍によって72歳で佐渡島へ流刑された人生を描いています。

謡曲の詞章と和歌を織り込んだ道中風景が、読者を物語の世界へと誘い込みます。島に着いた当初は、都のことを思い出していましたが、この島の自然が彼の魂を鎮め、やがて、佐渡の人々と風物を愛するようになっていきます。彼の周りに登場する人物造形が巧みで、特に、たつ丸、了隠らの登場人物が世阿弥と関わることで物語がどんどん深くなってゆくところが読みどころです。

世阿弥が島に来た年は、極端な雨不足で稲作に大きな影響が出ていました。そのために島の権力者の命で、「雨乞い能」をするシーンの描写は、前半のハイライトでしょう。自然体で生き、移ろいゆく島の自然を愛しながら、能の深い世界を極めようとする世阿弥の姿が浮かび上がってきます。著者は佐渡島を眺めて育ち、武道を学び、能の体験もしたということですが、だからこそここまで描けるのでしょう。

佐渡に流され、恨みのうちに果てた順徳院の霊を鎮めようと、彼は新作能を書きます。

「いや…….、書かねばならぬ。順徳院の悶死するほどの悲しみを謡にして、仏にあずけ、弔うこと。それが佐渡にこの身を迎えてくださった順徳院への、せめてものご供養と、己れなりの覚悟にせねばならぬ。順徳院の成仏は、また己れの成仏でもあろうに。」

荒ぶる魂を鎮める能舞台が後半の読みどころです。やはり、ここでも荒々しい島の自然を巧みに取り込んで読者をクライマックスへと進めます。

実は、物語にはもう一人主人公がいます。それは彼の息子の元雅です。ただ、彼はすでに死んでいて、亡霊となって父の元に現れて寄り添います。生きている世阿弥と、死んでいる元雅が交錯するシーンが何度か登場しますが、それは、実体と霊が交錯する夢幻能の舞台を見ているようです。

「西行桜」を舞うクライマックスの舞台では、世阿弥に寄り添うよう元雅も舞います。しかし、

「私には元雅を抱くことができぬのだ。抱きしめようとしても、元雅が作った『隅田川』のように、黄泉路の国の我が子は腕をすり抜けていく。

幻に見えければ、あれはわが子か………、互に手に手を取り交はせば……、また消え消えとなり行けば……」

それでも、世阿弥は元雅を感じながらこの曲を舞い切ります。

格調高い文章は最後まで読者を離さずに、濃密なエンディングを迎えます。あぁ〜大長編を読んだ、という醍醐味を堪能できる作品です。

⭐️本の紹介をZOOMにてさせたいただく「フライデーブックナイト」。次回は9月17日(金)です。

⭐️北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。

10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約


 

Tagged with: