先日ご紹介した映画「アルプススタンドのはしの方」が映画人のセンスあふれる傑作とするならば、現在、京都国立近代美術館で開催中の、「京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ」は、美術館のスタッフのセンスの良さが光る展覧会だと思います。(9月22日まで)

季節の移ろいを、日本では二十四節気という季節の区分が用いられてきました。二十四節気は中国の戦国時代の頃に、季節を春夏秋冬の4等区分する暦のようなものとして考案された区分手法だそうです。1年を12の「節季」と12の「中気」に分類して、それらに季節を表す名前がつけられています。重要な中気である夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分は併せて二至二分(にしにぶん)と言い、重要な節気である立春、立夏。立秋、立冬を四立(しりゅう)、二至二分と四立を併せて八節(はっせつ)と名付けています。

「本展では、この二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介します。本展を一巡することで、一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、自然・社会環境が激変する現代生活を改めて考えるきっかけとなれば幸いです。」

との美術館の解説通り、京都の一年間をぐるっと巡ることができます。暮らしにアートが密着していることの楽しさが堪能できます。もちろん河井寬次郎、竹内栖鳳、堂本印象、上村松園といった京都の画人だけでありません。私の好きな写真家、野島康三の昭和初期の作品にも出会えました。太田喜二郎という画家の「洛北の農家」(大正13年作)には、え?これ洛北?京都?って、まるでゴーギャンが描く南海の島の農夫みたいに明るいやん、と驚きました。

イギリスを代表する現代アートの巨匠デイヴィッド・ホックニーの「Kyoto 24 April 1993」も飾ってありました。おそらく龍安寺の庭だと思いますが、石庭を鑑賞する修学旅行生たちの後姿をカメラに収め、それを庭園とコラージュした作品でした。

京都の暑さ、寒さ、にわか雨、新緑に吹き渡る風の心地よさ、雪の美しさなどなど、日頃知っているはずの季節の変化が、作品から感じ取ることができて新鮮でした。

堂本印象の「冬朝」を観て、今まで敬遠していた金閣寺近くにある「堂本印象美術館」に行ってみようと思いました。

★お知らせ  勝手ながら8月17日(月)〜20日(木)夏季休業いたします。