島村 利正(1912年〜1981年)は、長野県の大きな商家の長男として生まれ、稼業を継がずに、家出して奈良の古美術写真出版社、飛鳥園に飛び込み、写真家小川 晴暘に教えを乞う一方、志賀直哉、武者小路実篤らと親交を結び、作家活動に乗り出します。1943年には「暁雲」で芥川賞候補になります。

店頭にある「奈良町登大路町」(講談社文芸文庫/絶版1300円)を読むと、作家が奈良にいた時代のことを描いた「奈良町登大路町」に出会いました。

「青く澄んだあの眼のいろを、奈良町登大路町を、私はときどき思いだした。あの眼との出逢いは、随分遠いむかしのことになるが、私は何かの機会に、ふと、その眼のいろを思いだした。」

と作者の回想で始まるのですが、この「青く澄んだあの眼のいろ」をした人物は、ラングトン・ウォーナーという実在の軍人です。彼は、ボストン美術館で岡倉天心の助手を勤め、1907年に同美術館の研修候補生として日本に派遣されました。彼の名前は、アメリカ軍上層部に対して、文化財の集まる京都を守るために、爆撃対象から外す様に申告したことで有名になりました。(まぁ、これは眉唾物というのが現在の結論ですが)

そのラングトン・ウォーナーと小川 晴暘との親交を見つめたのが「奈良町登大路町」で、小説というより、個人的エッセイの趣きです。奈良の町を描く簡潔で、端正な文体は、好き嫌いがあるかもしれません。ただ、静かな街並みを歩く主人公たちの足取りから、古美術を巡る幸せな日々が伝わってきます。

島村が読売文学賞を受賞した「妙高の秋」は商家を継がず、奈良にむかった若き日、その後の日中戦争で兄弟が出兵して、戦死する辛い日々を描いた私小説です。殆ど、島村の個人史を読んでいるようですが、叙情的で、明確な文章には引込まれてしまいます。

つまらない奈良の紹介本よりは、遥かに豊かなイマジネーションを与えてくれるのでは、と思います。

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします)