「南極料理人」「キツツキと雨」「モリのいる場所」、昨年公開された「おらおらでひとりいぐも」と、独自の映像美作品で楽しませてくれる沖田修一監督の新作「子供はわかってあげない」は、彼の最高傑作ではないかと思える傑作でした。(京都シネマにて上映中)

原作は田島列島のコミック「子供はわかってあげない」で、ズバリ、一夏の高校生の純愛物語です。この映画が面白いのは「夏」という季節の描き方。先ず、どの家にもクーラーがありません。(ひょっとしたらヒロインの家にはあったのかもしれませんが)もちろん、時代は現代ですが、あるのは扇風機と風鈴です。静かに扇風機が回り、風鈴が涼やかな音を奏でる。そして水泳部に所属するヒロイン美波の学校のプールの青さ、後半に登場する父親の住まいの向こうに広がる海の青さ。それらが一体となって涼しい風を送ってくれます。それだけでホッとします。

猛暑だ!大型台風だ!熱中症だ!と、凶暴なイメージになってしまった夏のイメージを、本来この季節が持っていた爽やかさへ戻してくれます。そんな夏に包まれて、美波の一夏の物語が始まります。再婚した母と、優しい義父と、やんちゃな弟に囲まれて幸せな生活を送っていた美波は、とあるきっかけで本当の父親を探し出し、会いに行きます。

出会った父親は、なんと新興宗教の教祖!正確に言えば、元教祖。え?なんで教祖なんてやってたの?まぁ、人生色々ワケありです。でも、映画は大げさな描写や感情的なシーンを交えずに、そこはかとないユーモアと、小津映画のような静謐さで、娘と父親のほんのひと時の逢瀬を見つめていきます。笑って、ほろっとさせて、夏が去ってゆく哀愁を演出して幕を閉じます。

父親を演じた豊川悦司が、小津映画常連の笠智衆にダブって見えるという意見もあるようですが、まあそういう部分と、老いてもどこかカッコいい部分が混ざり合って、新しい彼の魅力も楽しめます。水着姿だけは、う〜ん、ちょっとという感じでしたが。(苦笑が起こっていました)

古本屋のオヤジ役で高橋源一郎が出演していますが、サマになっていました。この本屋の棚もなかなか魅力的でした。もっと、ゆっくり見せて欲しかったな〜。

 

待賢ブックセンター「処暑の古書市」を開催中です。9/5(日)までです。勝手ながら、8/29日(日)は臨時休業させていただきます。 

 

●北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約