奈良県東吉野村、人口1700人の村にできた人文系私設図書館「ルチャ・リブロ」を主宰する青木真兵さん海青子さんの夫婦が綴った、1年間の日記と書き下ろしのエッセイを組み合わせた「山學ノオト」(H.A.B/新刊1980円)を入荷しました。

「ルチャ・リブロ」の活動を海青子さんは、こんな風に表現しています。

「ルチャ・リブロはその活動を『社会実験』と称していますが、真ん中にあるのは、あくまでこんな生産性のない日々です。『実験をするぞ!すごい成果を得るぞ』と息巻いて山村に飛び込んだ訳ではなく、山村に住み着いて暮らす内、いつの間にか『実験』が始まっていたような印象です。自分としては、ただ生産性のない日々を生活しているだけなのです」

「生産性のない日々」っていい言葉だと思います。全てを生産性の名の下に数値化し、生産性を上げることに血道をあげて、人間を区分けしてしまうような社会への憤りです。

日記には、日々の活動や村での付き合い、そして彼らを支持する多くの仲間との交流の記録に混じって、二人の、この国の社会のあり方への疑問が提示されています。

「なぜ世間では『不登校ではダメ』なのか。なぜ『学校に行かないこと』がダメなのか。よく考えてみると、『学校に行かない』というアクションと、『ダメ』という価値判断が結びつく必然性などないではないか。」と書かれているのは、「不登校でも大丈夫」の著者、末富晶さんから手紙をもらった日の日記。

総務省が、人口減少が進む地域を指して「過疎」と言うのは、マイナスイメージが付きまとうので、代わりの言葉にすることを検討するという報道について、真平さんは「馬鹿じゃねぇかと思う。確かに言葉でイメージは決まってしまうけれど、人口減少が進んでいないのに、『過疎』と呼ばれ、風評被害に合っているわけではない。現に人口減少は進んでいるのだ。こんな風に、過疎地域の問題に正面から取り組んでいるように見えない中で名前だけ変えることは、臭いものに蓋をするだけのことと思う。」

全くその通り。

なぜ、夫婦が田舎に引っ越して、私設図書館を設立して、ここで生きていこうと決心したのかは、「彼岸の図書館」(夕書房/新刊2200円)に詳しく書かれています。当ブログでも詳細に紹介しました。人が生きるための土台となるべきは、書物だと語られた一冊でした。こちらの本もぜひご一読いただきたいと思います。

日記でおもわず笑ったのが、これです

「久しぶりに片道約一時間かけて福原イオンモールへ。本屋さんに行ったら、橋本徹氏の『トランプに学べ』やホリエモン氏の本が一番目につくところに平済み。すぐ帰りたくなる。」

わかります、その気持ち!