今年も沢山のいい本、いい映画に出会うことができました。

上半期、ノンフィクション系の刺激的な本に出会いました。将棋に人生を賭ける棋士たちの日常と、彼らの心情を追いかけた北野新太「等身の棋士」(ミシマ社)は、久々に読みごたえのある”勝負師”ドキュメントでした。沢木耕太郎ファンは必読です。

川崎の今を伝える、磯部涼「ルポ川崎」には驚かされました。一時は、環境も治安も悪く、住むに決していい町ではなかった当時、この街を愛するラッパー達が立ち上がり、様々な活動をして、住み心地のいい場所に変えてゆく姿を追いかけた一冊。

本を巡る本では、内田洋子「モンテレッジオ小さな村の旅する本屋の物語」。イタリアに強い作家だけに、イタリアの本を巡る歴史、紀行が巧く書き込まれていて、一緒に旅するような気分になりました。もう一冊、沖縄で古書店「ウララ」を始めた宇田智子の「市場のことば、本の声」は、彼女の店を訪れる様々な背景を持った人々が、時にユーモアたっぷりに、時にペーソスを交えて語られます。前作「那覇の市場で古本屋」もお薦めです。

小説では、奇妙なイメージで独特の世界を作り出す小山田浩子の「庭」が、ダントツの面白さでした。この小説を買われたお客様が一気に読み、そのお母様もハマったと聞きました。ほかには、釧路在住の桜木紫乃の短編集「水平線」が、北の大地に生きる男と女の人生の哀感が滲み出る傑作でした。今はない青函連絡船に乗って読みたくなる一冊です。

映画は、辛く悲しいアメリカの今を描いたマーティン・マクドナー作品「スリー・ビルボード」が心に残ります。繁栄から取り残されたような過疎の町で繰り広げられる復讐のドラマなのですが、登場人物のやることなすこと、ほとんどが上手くいかず、袋小路に落ち込み、抜けきれない状況を描いていきます。ラストもちぐはぐなことになってしまうのですが、人間ってこんなものだという無常感が沁みますが、なんか救われた感じがあるのも事実です。

救い、という意味では、マウゴシュカ・シュモフスカ「君はひとりじゃない」、グレタ・カーヴィグ「レディ・バード」のエンディングに漂う、ほんの僅かな希望、まだ明日も生きていける希望が忘れられません。リアルで過酷な人生に灯された希望を、ウソっぽくならずに描くのは至難の技です。明日は下半期を書きます。

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。予約受付中(1500円)レティシア書房075−212−1772


 

 

 

 

沖縄、那覇の市場通りにある日本一狭い本屋「ウララ」の店主、宇田智子さんの「市場のことば、本の声」(晶文社/古書1200円)を入荷しました。

宇田さんの「那覇の市場で古本屋」(ボーダーインク/古書850円)は、大きな新刊書店から、畳三畳分のスペースしかない小さな古本屋店主へとなった経緯が中心に描かれ、軽妙な文章で楽しく読みました。

単行本第二作となる「市場のことば、本の声」は、廃刊となったミニプレス「BOOK5」の連載コラムや、その他の小冊子に書かれていた文章を集めたエッセイ集です。沖縄に憧れて、移住し、地元で地元沖縄の本を売り出して9年の間に、沖縄の人々のこと、考えてきた本のことが、一杯詰まっています。

「沖縄時間=ウチナータイム」という言葉をご存知でしょうか。

「沖縄には独特の時間が流れているとよく言われる。確かにこうして市場で人を見ながら時間をはかっていると、多少のずれはどうでもよくなる。営業時間を明記している店のほうが少ないし、腕時計をしている人も見ない。業者との打ち合わせでも、何時に、と約束している人はほとんどいなそうだ。店は待つのが仕事であるから、相手にはいつ来てもらってもかまわない。こちらは開けたら閉めるまでそこにいる、それだけだ。」

そういう風土のもと、このお店には様々な人達が訪れます。日本中を回っている船乗りは、沖縄に寄港する度に、この本屋に立ち寄るお客さんで、船室に一杯ある本を譲りたいと申し出ます。「あした出航して今度は北海道から東北にまわって、次に沖縄に来るのは来年なのですが。」と、時間のかかる話です。でも著者は、「来年は、船旅を終えた本たちに会えるかもしれない」と楽しみに、その日を待つ事にしました。

きちんとお盆をやりたいという奥さんを亡くした男性に、「沖縄の冠婚葬祭祭」の本を売った話、市場通りの店舗にはトイレがなく、遠くの、しかも早く閉ってしまう公共施設まで行く不便さの話など、本を通して触れ合った人たち、市場通りの商店で、商いを営む地元の人達との交流がスケッチ風に描かれています。ですから、古本屋店主が書いた本とはいえ、けっして古書のウンチク本ではありません。素敵な、或は面白い人達に囲まれて、身の丈サイズで生きている一人の女性の幸せな日々報告と言ってもいい本です。

「ものを片づけて手入れをするのは、すぎた時間に向きあうことであり、さらなる時間を迎えるための準備でもある。掃除して洗濯して、時間は一日ずつ刻まれていく。どんなに断捨離しても家事は終わりにできない。勇ましい三文字よりずっと地味な日々が、死ぬまで続く。」

いい文章ですね。