2019年、長年活動の場としていたアフガニスタンのジャララバードで武装集団に襲撃されて、亡くなった中村哲の「希望の一滴」(西日本新聞社/古書1300円)は、日本が先の大戦で敗北した日に読みたい一冊です。

医者としてアフガニスタンの僻地医療に携わっていた中村は、2000年の凄まじい干ばつで、自給自足の農業に従事していた人々が飢饉で難民になる危険性が極めて高くなり、地元民と協力して灌漑事業に着手しました。

この本は、1600本にも及ぶ井戸を掘り、用水路を建設し、砂漠化した大地に緑が戻るまでの記録です。どれほどの困難と苦闘を乗り越えてきたか、想像を絶するものがあります。何よりも良いのは、数多く収録されている写真です。著者と共に、灌漑工事に携わる住民たちの表情が、とても心に染み込んできます。彼らが田植えをしている写真を見ていると、平和であること、自分たちの土地が豊かなものになったことが、これほど人々の顔を明るくするのだということがよく分かります。

「自然は決して過剰な要求をしない。『過酷な自然』とは、人間側が欲望の分だけ言うのであって、自然を意のままに操作しようとする昨今の風潮は思いあがりである。インダス川の支流、クナール川は簡単に制御できるものではない。殊に取水口の建設は、人為と自然の危うい接点であり、『少しばかりお恵みください』という姿勢がなければとても成功するものではなかった。」

今年の大雨で発生した各地の災害の様子を見て、この文章が浮かんできました。

中村哲がやろうとしてきたこと、やってきたことが一杯詰まっているのですが、読んでいて、全く難しくないのは、彼の人間性と知性によると思います。多くのアフガニスタン民衆に愛されたのも、当然だと思いました。彼が亡くなった時、前総理の全く気持ちのこもっていない記者会見を見て、あの政治家には優しさのかけらもないのだと落胆しました。

「国益だ、正義の戦争だ軍隊の増派だのと、騒がしい世界とは無縁なところに平和に生きる道が備わってあるのだ。私たちもまた必死だ。世界で何が起きようと、ひたすらシャベルを振るい、水を送って耕し、その日を無事に過ごせたことに感謝する。」

こんな言葉こそ、敗戦の日には相応しいと思います。困難な地での、過酷な仕事の物語ながら、なぜか心休まる不思議な本でもあります。

アフガニスタン政権交代で、著者の残した仕事がこれからどうなってゆくのか心配です。

 

●8/25(水)〜9/5(日)待賢ブックセンター主催「処暑の古本市」開催します。

なお、勝手ながら29日(日)は臨時休業させていただきます。

 

●私が出演するZOOMミーティング「フライデーブックナイト」の第1回が、今月20日に決定しました。ご興味のある方は下記アドレスまで

https://ccacademy.stores.jp/items/60fd4e1bbc1e6422b5501a4b