面白い企画で映画ファンに人気のあった立誠シネマ。劇場があったのは、明治に設立された元小学校でしたが、すべて取り壊されて新施設が建築中です。

そんな中、一足早くオープンしたのが立誠図書館です。2018年4月に開館し、600冊程の本を所蔵しています。小学校で使用していた調度品を取り入れた図書館内には、TRAVELING COFFEEを併設しています。

この立誠図書館が、「人・本・地域をつなぐPage3」というフリーペーパーを発行しました。創刊号では、最近イラスト集「UKIYO」(玄光社/新刊2700円発売中)を出版した慈船山端泉寺住職の中川学さんと、同図書館の岡見館長(お二人とも立誠小学校卒業生)が巻頭対談をしています。立誠小学校って京都市の小学校で初めてプールを持ったところなんですね。木屋町という京都の歓楽街の真ん中に図書館がある構図は、なかなか面白いものです。

同図書館の企画を担当しているのは、ブックディレクターの幅允孝さん。以前ブログで幅さんの「本なんて読まなくていいのだけれど、読んでみるのもいい」を紹介したことがありますが、「京都歩き」「食べる」「立誠小学校DNA」という三つのテーマに沿って選書されています。2020年に完成する複合施設内にオープンするライブラリーに先駆けて開館して、規模も小さく蔵書もこれからですが、幅さんのセレクションは、ユニークできっと面白いはず。

創刊号、最新号共に、館長やスタッフの推薦する本が6点並んでいます。岡見館長のおすすめは「京都映画図絵 日本映画は京都から始まった」という本です。1896年、初めて我が国で映画が上映されたのが、同小学校の一角だったのだそうです。また、映画監督の故大島渚が文章を書き、絵本作家伊藤秀雄が絵を描いた「タケノコごはん」は、監督の子ども時代の思い出を描いた絵本。幅さんが選書した「食べる」本棚からチョイスされた、高土実「ママ、なぜ野菜を食べなきゃいけないの?」と、田辺聖子「おいしいものと恋の話」など、興味深い棚構成になっているみたいです。

一世帯当りの珈琲消費量日本一の、京都の魅力的な珈琲ショップも紹介されています。TRAVELING COFFEEでは、月替りで市内の焙煎所のシングルオリジナルコーヒーを提供中です。図書館帰りに寄ってみたいところです。尚このフリーペーパーは離月刊で発行される予定です。店には2号を20部程在庫しています。

 

一方、京都の様々なジャンルの職人さんを 紹介しているフリーペーパー「想いのしおり」も、19号になりました。

今回は家具職人を取材した「真摯に木と向き合う家具職人」というタイトルで、京都府亀岡市に、”YOSIDA _WOOD_STUDIO”を構える吉田欣司さんが登場します。実家は大阪箕面市で、三代続く造園業を営まれていて、昔から木と緑が大好きだったそうです。現在、無垢のオリジナル家具と、建築関係の造作家具を製作されています。ご興味のある方はHPアドレスが掲載されていますので、ご覧下さい。

高知県が出している「とさぶし24号」も入っています。今回の特集は土佐和紙の特集です。まだ若干在庫がありますので、お早めにどうぞ。

 

京都の現役大学生たちが、様々な世界で活躍する職人さん達へのインタビューをまとめた「想いのしおり」(1000円)を創刊しました。念珠職人、陶芸家、金箔職人、西陣織、竹屋さん、畳屋さんなど総勢16名が登場します。

不器用な私なんかと、最も縁遠い所にいる職人さんたちの話は、どれも興味津々でした。「引彫」、「染匠」、「綴織」など、どんな仕事をするのか知らない世界に生きる人たちの、日常を垣間みることができました。

また「職人」=「堅苦しい」というイメーですが、そんな常識に違和感を唱える念珠職人。片岡正光さんは、どちらかと言えば、オープンに楽しくやりたいというスタンスです。

「一生懸命仕事しながら楽しく仕事したいと思っています。話していて『えっ、職人さんですか?こんな仕事しているんですか、嘘でしょ?本当に職人さんですか?」と言われるほうがいいと。職人さんが無口だというのは、こちらの思い込みですよね。

また、初心者のために技術説明という項目も設置してあって、助かります。例えば、引彫職人の伊藤肇さんのコーナーでは、「私の工場では、昔は突彫(つきぼり)をやっていました。でも、今は、引彫(ひきぼり)をやっています。引彫は、ビニールを敷いた上に地紙を置き、手前に向かって掘ってゆく方法です」と伊藤さんは説明されています。

そして「技術説明」コーナーでは「和紙を柿渋で貼り合わせた『地紙』と呼ばれる紙に様々な図柄を彫刻し、布地の染色に使われるのが型紙。江戸小紋や型友禅につかわれてきた。」とフォローしてあります。

この本はインタビューの読みやすさもさることながら、職人さんたちの現場を捉えた写真がいいです。彼らの生命線でもある手先の表情が上手く捉えられています。華やかさはないですが、当たり障りのない京都紹介本よりは、はるかに優れた雑誌です。

因みの個人的にベストショットは「戸田畳店」店主戸田和雄さんが畳を縫うところを捉えた一枚です。あ、職人さんの躰だ!という写真です。

 

当店には、様々なDMを置くスペースがあります。その中にはフリーペーパーも結構あって、中には、え?これタダ!?と思われるものも少なく有ありません。

以前にもご紹介した、岐阜県高山市の飛騨産業(株)が出している「飛騨」は、最新16号が入ってきましたが、残り僅かになりました。

京都からは、「想いのしおり」が、がんばっていて、11号まで出ています。こちらは、「京都の伝統産業に携わる職人さんの思いを発信し、紡いでゆく」ことを目的に、月1回の職人さんへのインタビュー記事が中心に発行です。今回取り上げられているのは、漆の上塗師三代目西村圭功さん。主に茶道具の仕事をされているのですが、最近では、一般家庭用食器のブランドを立ち上げられています。10号のインタビューは、老舗のカバン、袋物メーカー「一澤三郎帆布」の製作部長、北川信一さんでしたが、元々料理人として働いていたという変わり種です。様々な分野で活躍する人々の働き方を知る、という意味でこの小冊子は貴重です。5号からのバックナンバーは揃っています。

最近、高知県の牧野植物園の発行する「まきの手帖」が入りました。牧野富太郎の業績を顕彰するために、1958年に開業した植物園が発行する小冊子です。牧野の「植物一日一題」、「植物記」(どちらもちくま学芸文庫950円)は、当店でも人気がありますが、この小冊子で、彼の描いた素描を楽しむことができます。彼の著作「牧野式植物図」の下絵として描かれたものや、フィールドワーク先で書いた記録が載っています。ところで、この冊子の表紙で、絵の上に並んでいる鉛筆は、牧野博士がスケッチに使用していたものなのでしょうか? 気になります。

毎回、ユニークなアプローチで、本好きの好奇心を盛り上げている「BOOKMARK」も、最新6号がきました。今回の特集は「明日が語る今日の世界」です。タイトルから分かる通り、未来を描いた作品を集めてあります。カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」、映画化されたアンディ・ウィアー「火星の人」、やはり映画化されたティムール・ブェルメシュの「帰ってきたヒトラー」等々、個性的な作品が並びます。

スペシャルゲストとして星野智幸が登場して、SF小説は政治を描いていると言い切っています。つまり、どんな突拍子もない世界を描いても、何らかの事情で、個人が公の権力に振り回されるのがパターンになっていて、「今、私たちが生きている現実を、誇張したりグロテスクにしたりして反映させている。だから、どんなに突飛な世界に見えても、リアルな感じがするのだ。」と。

いずれもパワーのある面白い小冊子です。私もこんなもの製作しているという方おられましたら、お持ちいただくか、或はお送りいただければ、また店頭に設置しますよ。そういえば、「たまひろい」という横浜ベイスターズのフリーペーパーを何回か持って来てくれた彼女は、シーズンオフかな?