本日よりレティシア書房「夏の古本市」がスタートしました。本日先ず紹介するのは、らむだ書店さんが出品している武井武雄の画集三点です。

童話の挿絵として軽視されていた子供向けの絵を「童画」と命名し、芸術の域にまで高めた武井武雄は、今も大人気の作家です。今回出ている本は全て限定出版で、ネットではかなりの高値で取引されています。

昭和39年に発行された豪華版「武井武雄童画集」(らむだ書店出品/盛光社/7000円)は、35cm×30cmの大型の版型の画集で、1000部限定の452番目のシリアルナンバーがついています。50年代から60年代にかけて描かれた絵が、16枚。一枚ずつ貼り付けてあります。2点目は「廃園の草」(らむだ書店出品/中央公論社/5000円)で、著者サイン入りです。こちらも限定680部の販売です。最後の一点は、「昼の王と夜の王」(らむだ書店出品/筑摩書房/7000円)。二重函入り、起毛クロス装、「昼の王」と「夜の王」の紙、印刷方法が使い分けられ限定1000部発行で693番目のシリアルナンバーが記載されています。どれも、決して安い本ではありませんが、武井ファンは是非、この機会にお買い求めください。

京都新聞を読んでいる方は沢山おられると思いますが、新聞の夕刊に「現代のことば」というコーナーがあります。京都在住の文化人に、テーマを設けずに、自由にエッセイを書いてもらうコーナーで、田中美知太郎、貝塚茂樹らの人文学者、末永博、猪木正道らの社会学者、志村ふくみ、八木一夫らの芸術家、瀬戸内寂聴、邦光史郎らの小説家、さらには片岡仁左衛門、桂米朝らの芸能人までが書いています。1966年からスタートし、95年までの30年間に掲載されたものの中から、180篇を選んだのが「現代のことば1966-1995」(古書ダンデライオン出品/700円)です。知の巨人たちの時代へ投げかけた言葉を一気に読めるアンソロジーです。(もちろん絶版です)

 

京都在住のエッセイストといえば、人気のあるのが山田稔です。彼の作品も二点出ています。「幸福へのパスポート」(古書柳出品/1000円)、「影とささやき」(古書柳出品/500円)とリーズナブルな価格設定です。前者は、特に彼のフランス留学時代に出会った様々なふれあい、情景を見事に描きこんだ散文の傑作。オススメです。

★「夏の古本市」は18日(日)まで開催しています。(12日(月)は定休日。)

その後19日(月)〜23日(金)まで休業いたします