地元新聞社の記者で、当店の取材でも開店以来お世話になっている行司千絵さんの新作「服のはなし」(岩波書店/新刊1980円)はとても素敵な一冊です。

「便利すぎた暮らしにいったんブレーキがかかった今だからこそ、服を作ること、着ることをあらためて考えたいと思った。野菜も、服も、人も、土に還っていくものなのだ。」

ファストファッションを見直し、アパレル業界のトレンド第一主義に疑問を感じながら自分で服を縫い続ける行司さんが、様々な人との出会いとともに、服を縫うこと、大切に思うことなどが自伝的に書かれています。

2000年代のはじめのころ、彼女は仕事で行き詰まっていたそうです。状況を打開するために、自分に正直になろうと、見た目も変えてみました。伸ばしていた髪を切り、いかにも「30代丸の内キャリアスタイル」のファッションを捨てた時、「ふと、自分で服をつくろう、と思った。」そして、「手づくり服は自分をリセットするのにちょうどいいはずだ。」と決心し、服を縫い始めます。

そんな折、「畑に綿を植えて、綿花を収穫し、手で紡いだ糸を庭の草木で染め、機で布を織り、ミシンを踏んで、自分のシャツを完成させた」先輩記者の男性が、こんなことを言います。

「服って畑からできるんだよ。すごいと思わない? それを体験したかった」

読んでいて目から鱗が落ちました。そうか、服は畑からか!みんな、そんなこと忘れていますよね。世の中に溢れる大量の服の大洪水の中で、大事なことを見失っているのかもしれません。

「もともと服をつくり過ぎているのです。ひとりひとりに十分な服だけあれば、リサイクルなんてしなくてもいい。根本を変えないと、いつまでたっても服はあふれています」と語る大阪のリサイクル業者の社長の指摘にも、大きく頷きました。

本書には、自分用だけでなく、お母さんのために仕立てた服が何点も登場します。明るい色合いが、とても似合っていて、個性的。いいなぁ、こんな服……。ある日、ホホホ座の山下店長が、素敵なダッフルコートを着ていました。これ、いいなぁと聞いてみると彼女の作品でした。無理かもしれないと思いながら、お願いしたところ縫っていただけました。宝物です。

Tagged with: