休業初日の店長日誌です。

山極寿一と中沢新一の対談集「未来のルーシー」(青土社/古書1300円)は、とてつもなく面白い知的刺激に満ちた対談集です。山極先生の対談集は、小川洋子との「ゴリラの森、言葉の海」、太田光との「『言葉』が暴走する時代の処世術」など、読みやすく内容も濃かったので、当ブログでもご紹介しました。

この本もそんな風にすらすら読めると思って手にしたのですが、なんせ相手が人文科学系で、刺激的な著作を発表している中沢新一先生。学者同士の対談です。各々の専門分野はもちろんのこと、周辺の学問分野へ話は飛んでいき、西田幾太郎が出てきたときは、私の手に負えない状況になってしまうのですが、それでも読書中、貧弱な脳みそが、ふつふつと煮えたぎってきて面白い。

森羅万象を横断しながら、これからの私たちが進むべき、より良い未来を模索してゆきます。見よ、この付箋の多さ(写真下)。自分なりに消化したはずの部分です。最終章「華殿的進化へ」(もうこのタイトルだけで??ですね)で、松尾芭蕉の「秋深し 隣は何を する人ぞ」という一句を持ち出し、この句の背後に広がる東洋的世界観を山極先生は、こう論じます。(短く要約できないので、長いけど引用します)

「西洋的な、因果論的に人間の行為や自然の現象を読み解こうとする思考の結果、初めて「意味」というものが出てきます。いま多くの人が「生きる意味」が無いと困ってるわけです。そんなものは探さないほうがいいと私は思います。いま中沢さんがおっしゃった「秋深し 隣は何を する人ぞ」というのはまさに意味を消しているのですね。お互いに感じあって、みんなで共有し合うことの深さ。楽しさというものが、まさに生そのものであるということ。そこにはお互いに干渉しあわないけれど、お互いの存在を感じあえるような共存が語られています。」

今や、破壊尽くされて瀕死の状態の地球環境。「それを救うには、今一度人間と他の生物や物理的な環境を包括的に捉える観点に立たねばならない。生物も環境も互いにつながり合って循環する共生園を作っているという考え方である。」と、結びの言葉として書かれています。文章にすればわずか数行のこの真実を、二人の知識人が、語り合ってくれたのが本書です。

こんな時期に自宅にこもって、頭をフル稼働する楽しさを本書で堪能してください。

お知らせ コロナウィルス感染拡大の緊急事態下、これ以上感染者を出さないために、4月23日(木)より当面休業いたします。予定しておりましたギャラリーの個展もしばらくの間お休みいたします。この「店長日誌」は毎日更新していきますので、読んでいただけたら嬉しいです。ご希望の本があれば、お取り置き、または通販も対応させていただきます。(メールにてご連絡ください。)

また、休業中でも店内で作業していることがあります。その時は半分店を開けていますので、ご用があれば声をかけてください。(店長日誌にてお知らせします。)

★★ 今週は4月25日(土)午後2時より4時ぐらいまで開けています。