料理家として数々の著作がある高山なおみが、本についてのエッセイ集を出しました。題して「本と体」(アノニマスタジオ/1980円)は、彼女が親しんだ絵本や小説の思い出として26冊の本が並んでいます。そして、絵本編集者の筒井大介、写真家の斎藤陽道、画家の中野真典、各氏へのロングインタビューが収録されています。

へぇ、こんな本読むんだ!と思ったのは「ピダハン」の紹介。ピダハンとは、アマゾンの奥地に住む少数民族の名前です。著者のダニエル・L・エベレットは、ピダハンと30年近くも生活を共にし、ヤシの葉でできた小屋に住み、狩りの獲物はその日に全て食べ、穫らない日は全く食べなくても大丈夫という暮らしを体験しました。

高山は「村中が親戚みたいに仲良しで、将来も、明日のことも思い煩わず、今日だけを楽しんで生きている、笑いながら生きているとか。 夢も、現実のひとつと信じられているとか。」と感動しています。

そして、MARUUが書いた「うさぎのまんが」。当店にも在庫していますが、マルーという名のうさぎの女の子が主人公のコミックです。と言っても、可愛いうさぎの漫画ではありません。中学、高校と多感な時期に摂食障害だった著者は、その冴えない日々の思いを漫画という表現に託しています。

「辛さと楽しさ、悲しみと喜び、醜さと美しさは、まったく逆のもののようだけど、それらはふとしたきっかけでひとつになり、、眩しい光を放つことがある。自分がいることを根底から否定したことのある人だけが、私たちに見せてくれる世界。そういうものがあるような気がするのです。」と高山は評価しています。

彼女の本では、「明日もいち日、ぶじ日記」(新潮社/古書800円)が好きでしたが、この本も気に入りました。

最後に高山自身へのインタビューがあり、自分がどもりだったと言っています。

「体の中に言いたいことが人いちばい溢れているんです。私はそれがどもりだと思う。」

彼女は、日々の小さな変化をきちんと見て、聴いて、生きていたいと思っていて、そういうことを他人に正確に伝えようとすると、変なリズムになったり、同じ言葉を何度も使ったりと、間隔が空いたりするというのです。

「だから私、いまだにどもりなんです」

ヤンチャで幸せで少し切ない子供時代の話や、選ばれた本や対談から、高山なおみの人となりが見えてくるような本です。