岡山で写真を撮り続けてる松本紀子さんが、写真集「そのかわり、その代わりに」(book+CD2300円)をリリースしました。シンガーソングライターのヤマモトケイジさんの素顔を中心にして、街の風景を捉えたものが写真集になっています。被写体となったヤマモトさんのCDは「青図点描集」というタイトルの4曲入りミニアルバムです。ギター一本の弾き語りで、ゆっくりと心に染み入る声が切ないアルバムです。音がノスタルジックに響いてくるのは、録音場所が高松中学校だからでしょうか。写真集発行を記念して、来年2019年9月10日(火)〜15日(日)まで当店ギャラリーで個展が決まりました。調整中ですが上手くいけば、ヤマモトケイジさんのライブも計画しています。(CDは試聴可能です)

 

詩と絵の作品を何冊か出している古井フラさんが、新しいミニプレスを二つ持ってこられました。新作「さみしい君に」は詩とクロッキーを一緒にしたもので、生き生きした手のクロッキーが数多く収録されています。リズミカルで、詩と合っています。もう一つの「雨」は、灰色の雲に覆われた街に落ちてくる雨粒、その雨粒のなか、静かに佇む街が、詩のように描かれています。(どちらも300円)。こちらもいつか個展をしていただきたいものです。

北海道発の京都情報誌「その界隈」(540円)は、今回もユニークな特集です。編者の最近の夢は「市営バス206号系統に、一日中乗り続けること。」だそうです。この系統は京都市内を、北大路通り〜東山通り〜千本通り〜京都駅と、中心部をほぼ一周しています。一周約2時間、なにも考えずに窓の外を見ながら乗っているのも楽しいかもしれません。鷲田清一著「京都の平熱」は、この206号系統の路線を切り口にしていますので、読みながら乗ってみましょう。

丹後半島奥の間人(何て読むかおわかり?)を旅する記事も面白い!私の父が、ここの保健所に数年間勤務していたので、夏になれば蒸気機関車に乗って海水浴に行った思い出が甦ります。「聖徳太子のお母さんに会いにゆく」と書かれていますが、詳しくは本文をお読み下さい。

250円という低価格ながら、本にまつわる楽しいお話満載の「本と本屋とわたしの話」の最新14号は、神戸元町の名物古書店「トンカ書店」の話から始まります。この書店の魅力は店主。彼女の笑顔と楽しい会話が楽しみで行くのです。「分け隔てのない店主の性格もあり、トンカ書店には本以外の物も沢山集まってくる。年季がかかった牛乳箱やミシンが本棚に溶け込み、子供のおもちゃが至る場所に置かれていて、それらは何だか、生活の匂いが少し残っているようにも思える。」と、この記事を書かれた清水さんの言葉通りの不思議な楽しさに満ちたお店です。

★「奈良・町家の芸術祭はならあと2018」パスポートチケット500円発売しています。

★先週京都新聞読書欄に掲載されていた「たたみかた2号/男らしさ 女らしさ」(アタシ社1836円)在庫あります。

 

 

★釧路ヒッコリーハウスオーナー安藤誠の「ネイチャートーク」が決定しました。

10月27日(土)19時スタートです。参加費は2000円です(要予約)

 

 

 

 

 

 

書評家の岡崎武志さんの新刊が出れば、ついつい買ってしまうのですが、今回の「人生散歩術」(芸術新聞社1300円)は、彼のベストの本ではないかと、私は思っています。

サブタイトルに「こんなガンバラナイ生き方もある」とあり、そんな人生を実践したと著者が確信した人物たちについて書かれています。選ばれたのは、井伏鱒二、吉田健一、木山捷平、田村隆一、佐野洋子らの作家、フォークシンガーの高田渡、そして落語家の古今亭志ん生です。

井伏は「自分なくしの旅」、高田は「気骨の人生風来坊」、吉田は「上機嫌に生きる、ただそれだけを」、木山は「危機脱出術」、田村は「恋と友とウィスキー」、志ん生は「「貧乏を手なずけた男」というふうにそれぞれタイトルが付けてあり、興味のある人物から読めるようになっています。取り上げられた人達の人生を見つめることで、そうなんだ、そうやって生きればいいんだということを知る本であり、著者も「私にとっては人生の『実用書』なのである。」と言っています。

例えば、古今亭志ん生の川柳を引合に出して、こんな風に書きます。

「人間は何もしないでいても、本来滑稽な存在である。滑稽と思われることを恥辱と思う人間は、それに抗い、精一杯、虚勢と見栄を張る。しかし、そのこと自体が、また滑稽であることを、志ん生は早くから見抜いていた。そして、自分の稼業である落語に存分に生かした。

我々は、何もくよくよと思い悩むことはない。なぜなら、志ん生の落語があるからだ。」

書評家が書いた「処世術」の本としてぜひお読みいただきたい一冊です。

本好きの人達が集まって作られている「本と本屋とわたしの話」の最新13号が届きました。当店の一箱古本市に毎回出店していただいている「古書柳」の中原さんが古書善行堂の思い出話を書かれています。また、いつも愛読している冊子「入谷コピー文庫」の堀内さんが「氷点」にまつわる話をと、本好きの人達の、マニアっぽくならない、小ネタ満載です。(250円)

 

★連休のお知らせ  勝手ながら11月6日(月)7日(火)連休いたします。