久々に庄野潤三の短編小説を読みました。まるで戦後の小津映画みたいに、穏やかな家庭の話を延々繰り返す世界は、まぁ、もういいかなと思っていたのですが、今回短編を集めた「葦切り」(新潮社/古書900円)を読んで、やっぱり上手いと感心しました。

「葦切り」は、わずか80数ページで、とある河川の工事技術者の一生を描いてしまうのです。しかも、登場人物は二人だけ。主人公は大正生まれ(らしい)篠崎さん。彼は河川の工事の仕事の合間に、短歌を作っていました。その彼の作品のことを聞きにきた人物との会話だけで構成されています。しかし、会話の内容は、短歌の背景のことだけではありません。戦争中の米軍機による機銃掃射、空襲、戦後の凄まじい食糧難を生き延びた体験談や、自分の技術の話などが盛り込まれ、一人の男の半世紀(それは昭和の歴史そのものと重なってきます)が語られていきます。二人芝居を見ているような、篠崎さんと聴き手の会話です。穏やかな会話の中に、深いものを見せてくれる中編小説だと思います。

庄野らしい小説が「メイフラワー日和」という短編でした。老年夫婦が、宝塚歌劇を見に行くために乗車した阪急電車車内に場面はほぼ限定されています。それなりに財をなした夫と、専業主婦の妻が、「メイフラワー」という舞台を見にゆくため来阪します。「何年ぶりかの宝塚なのだから(東京では家族行事の一つになっている)、ゆったりとした心持ちで出かけたい。」とホテルで妻と話しあい、余裕を持って朝七時に出かけましょうと妻と決めます。もう、こういう会話だけからも、上品で、教養のある家庭人であることが見えてきます。車内で夫が、宝塚までの阪急沿線のことを思い出したり、旧友のことを妻と語り合ううちに到着する。そして駅前の荷物一時預かり所に自分たちの荷物を預けるところで小説は終わります。起伏のある物語では全くありません。しかし、あずき色の阪急電車のシートに座りながら、ゆったりとした気分になるような不思議な魅力に満ちていいます。

この本の最初の持ち主のものか、北海道新聞の書評の切り抜きが入っていました。そこにこう書かれてありました。「平凡でつまらないはずの事実をほとんどありのままに描いて、しかも小説を読むよろこびを感じさせる不思議な作家」。多分、もうこんな作家は現れないでしょう。

「失せ物」という作品では、飛んでくる鳥のためにエサをいれた庭の木のカゴが野良猫に持っていかれる、もう瑣末な事件のみに終始したお話です。でも、目には全く見えないけれども、結婚し、子供を育て世の中に送り出した、夫婦の積み重ねてきた人生の長い時間が存在しています。読者はそれを読み取っているのです。

なお、夏葉社が最近出した「庄野潤三の本 山の上の家」(新刊書/2200円税別)は、庄野が住んでいた家の紹介と、エッセイ等を集めた素敵な本です。この本に収められた写真を見ながら、彼の小説を読むのもいいのではないでしょうか。

★大阪にある古書店「本は人生のおやつです」で開催中の「本のヌード展」に当店も参加しています。大阪に行かれることあればお寄り下さい(20日まで)

 

 

 

 

 

 

 ★釧路ヒッコリーハウスオーナー安藤誠の「ネイチャートーク」が決定しました。

10/27日(土)19時スタートです。参加費は2000円です(要予約)