「本の雑誌」に吉野が連載していた書評というか、本を紹介するコミック「お父さんは時代小説が大好き」「お母さんは『赤毛のアン』が大好き」「弟の家には本棚がない」「本を読む兄、読まぬ兄」「犬は本より電信柱が大好き」「神様は本を読まない」、悪魔が本とやってくる」「天使は本棚に住んでいる」全8冊のうち、「弟の家には本棚がない」(古書600円)、「本を読む兄、読まぬ兄」(古書600円)、「悪魔が本とやってくる」(800円)、「犬は本より電信柱が大好き」(古書800円)を入荷しました。

まずは「悪魔が本とやってくる」がオススメです。「シンデレラ」を読んでいる少女のそばに来た悪魔が、結婚したシンデレラと王子の将来についてこう囁きます。

「だって苦労知らずのバカ王子と苦労人の美少女だよ うまくいくわけないじゃん」「きっと浮気するね」と言い残して消えていきます。この最初の一編だけで、笑えてきますよね。このイントロにハマったら、本編もどんどんいきましょう。

本編の主人公は、ウエルッシュ・コーギー犬を一匹飼っている著者です。毎回、読んだ本についての読書体験がユーモアたっぷりに描かれています。幅広い本が紹介されています。カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」、穂村弘「君がいない夜のごはん」、アシモフ「コンプリート・ロボット」などなど、ジャンルクロスオーバーしていくところがミソです。阿佐田哲也「Aクラス麻雀」まで遡上に上がっているのですから。

そして、そこに紹介されている本を読みたくなるかと言えば、まぁそうでもないところが良いのです。本筋とは全く無関係なことばかりの章も沢山あります。本を肴にして、ほのぼのとした味わいのあるコミックが展開し、おっ、この本で、こうくるか??というヒネリを楽しんでください。

「本を読む兄、読まぬ兄」の「他人の本棚」という章で、堀江敏幸「雪沼とその周辺」、ポール・オースター「トゥルー・ストーリーズ」、ステーブン・ミルハウザー「マーティン・ドレスラーの夢」の3冊が登場します。いかにも、という本であることは、読書好きの貴方ならお分かりでしょう。主人公の独白はこうです。

「自分が人に見せるなら見栄を張ってミルハウザーとかオースターとか堀江さんとか並べちゃうかな でもそれじゃ芸が無いよな きれいすぎる わざと読んでもいないベストセラーでも入れるか んーあざとすぎる じゃあ誰も知らなそうな渋い本を」

その一方で、知らなかった事実をゲットしたりもできます。ベケットの戯曲「ゴドーを待ちながら」がアメリカで初上演された時のこと。あまりに退屈で、理解不能だと客がみんな帰ってしまったのですが、二人だけ最後まで観た客がいたのです。その二人とは、なんとウィリアム・サローヤンとテネシー・ウイリアムズだったそうです。

「必読!」とか「癒されます」と言った陳腐な推薦の言葉は全く登場しません。なんだか読書がさらに楽しみになる不思議な4冊です。それぞれの本のタイトルが意味深のようでもあり、そうでもないようでもあり…….。

 

吉野朔実のコミック「本を読む兄、読まぬ兄」(1800円著者サイン入/出品 葉月と友だち文庫)は、本好きにはたまらん一冊です。各章、毎回テーマが決まっています。「他人の本棚」では、主人公の青年が、雑誌などに載っている「他人の本棚」は、結局「他人に見せたい本棚」なのだと、つぶやきます。

「自分が人に見せるなら見栄を張ってミルハウザーとかオースターとか堀江さんとか並べちゃうかな でもそれじゃ芸が無いよな、きれいすぎる」と。で、堀江敏幸の「雪沼とその周辺」、ポール・オースターの「トゥルー・ストーリーズ」、S・ミルハウザーの「マーティン・ドレスラーの夢」が紹介されています。成る程ね〜こんな本を並べておくと、いかにも趣味のいい読書家に見えるのかもしれません。こんな風に、毎回そのテーマに沿った本が並ぶのですが、書評集ではありません。あくまで、ノホホンとした主人公の日々の暮らしの中にある本のお話です。限定本の老舗出版社、京都の湯川書房のことも、マニアックにならずにサラリと紹介しています。

 

心がつらい時、ポジティブな言葉は、ほんとうに人を励ますのでしょうか。その気持ちに寄り添うネガティブな言葉にこそ、反応するのではないでしょうか。「絶望名人カフカの人生論」(800円/出品 夜の遊歩者」は、あまりにもネガティブすぎて笑えてくる貴重な一冊です。カフカは、生前は作家として認められず、サラリーマンでした。しかも、その仕事が嫌で嫌でたまりませんでした。結婚もしたかったのに、生涯独身、身体虚弱、不眠症。家族との関係も最悪。書いた長編小説はすべて途中で行き詰まり、満足したことがなく、もう全部燃やして、と恨み言一杯の遺書を残してこの世を去りました。そういう大作家がこんな言葉を残しています。

「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまずくこと、これはできます。いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」

ここまでくると、いやぁ〜オレはまだここまでじゃないなと笑ってしまいます。誰よりも落ち込み、弱音を吐き続けた作家カフカには、妙に力があります。生きるのに疲れた時、疲労回復にお使いください。

★古書市は19日(日)まで。月曜定休。なお最終日は18時で閉店します。

★夏休みのお知らせ  8月20日(月)〜24日(金)休業いたします。