「村上春樹を読んだことがないのではなく、『名前を知らなかった』と言うのにはさすがに驚いた。どんな暮らしをしていたら三十歳を超えるまで村上春樹の名を知らずにいられるかと興味が湧いた」

フツーの青年の話なら、あ、そういう人もいるのね、というですが、これ、阪急京都線水無瀬駅の前にある長谷川書店水無瀬駅前店長、長谷川稔さんのエピソードです。この書店は、とても個性的で、面白いお店なのです。私の大好きな本屋さんです。

本というものに親しんでこなかった長谷川さんが、32歳で、家業の本屋さんになりました。最初に「人にとって読書をする喜びとはなにか?」と考え、彼は本を読み出します。そして出会ったのが、村上春樹著「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」でした。

「書かれた文章や言葉の一つひとつに、書かれなければならなかった必然性があるのだということ。文章とは、ただ言葉を並べているだけでなく、その背景や行間も含めて伝えている表現なのだということ。それらを初めて知り、衝撃を受けたという。なぜ人は本を読むのか 少しだけ分かった瞬間だった。」

石橋毅史著「本屋な日々青春編」(1944円)には、全国各地の本屋さんや、夏葉社のような独立系出版社など、販売不振に喘ぐ本の業界で、店主たちの考える書店の、出版のあるべき姿を模索する人達が沢山登場してきます。そして、第一章「伝える本屋」の最初に登場するのが、長谷川書店です。読書経験の乏しい書店員に、魅力的な書架が出来るのか?という著者の疑問を解消すべく、長谷川さんと話を続けます。

長谷川さんは「本屋は楽しい」、でもそれは「地域の人たちと本屋としてどこまで交われるか、とうことですね。このあたりは、本屋はウチしかないから、しょうもない棚をやったら申し訳ないというのもあるし。」と答えています。その熱意が、様々な試行錯誤を呼び起こし、狭い書店内の方々で、未知との本との出会いを作ってくれます。

著者の石橋は、本屋を選び取った若者達の姿を求めて、全国を旅していきます。安易に持ち上げたりせず、現実を見つめ、批判精神を忘れずに、でも本屋の未来を見つめる人達の姿を見つめています。今後、「風雲編」「激闘編」「番外編」と続刊が出るみたいです。こちらも期待しています。

 

★連休のお知らせ 7月2日(月)3日(火)