いつの頃からか、松本竣介の絵画に惹かれてきました。静謐と、孤独が覆う作品は、何度見ても飽きることがありません。彼の画集は、古書で高価な価格が付いていますが、手頃な価格で入手できるものを探していたら、数点まとまって入りました。

中野淳の「青い絵具の匂い」(中公文庫/ 古書600円)。これは、松本と交流のあった著者が、出会いから死別、そして死後の評価を記録した本で、文庫オリジナルです。白黒ではありますが、松本の作品が収録されています。

コロナ・ブックスの企画で出版された「松本竣介 線と言葉」(平凡社/古書1400円)。こちらは、オールカラーで鑑賞することができます。「運河風景」「鉄橋付近」「議事堂のある風景」「Y市の橋」など代表作が並んでいます。私は、この本で彼が最も尊敬する人物として、宮沢賢治を挙げていることを知りました。

彼は東京生まれと思って、朝日晃の「松本竣介」(日動出版/古書2600円)を読んでいると、二歳の時、父親の仕事の関係で花巻に引越していました。父はぶどう酒を製造するビジネスを始めたのですが、ここに、当時25歳だった賢治が何度も訪れているのです。さらに、彼は賢治の卒業した小学校、中学校に通っていました。そんな環境で、賢治の世界に惹かれていきました。

朝日は本の中で、色彩の少ない風景を描く松本の世界への、彼が過ごした東北の風土の影響をこう書いています。

「きまって浮かんでくる三つの色彩がある。言うまでもなく、雪国としての盛岡の白と、その積雪が春先になって解け始め、やがて、白一色のなかからのぞかれる雪国の土の黒である。そして、冬空を仰ぐと、厚い雪雲の切れ目から、突然透明度のある輝くような碧空がのぞき、光は周囲のなかの唯一の明部として鋭角的に存在するのである」

賢治の死後、出された全集を松本は大事にしていました。東京という都会の人になっても、深い青に彩られた世界は、賢治の魂と同じ地平線に広がっているのかもしれません。

蛇足ですが、秋山洋一の詩集「雲母橋あたり」(幻戯書房/古書1400円)の表紙にも松本の「Y市の橋」が使われています。

 

レティシア書房はゴールデンウイーク中も通常営業しております。

 5月6日(月)〜8日(水)は連休いたします。