絵本作家、酒井駒子の絵と散文が楽しめる「森のノート」(筑摩書房1800円)が入荷しました。元々、筑摩書房が発行している小誌「ちくま」に2014年から2年間連載していた「引き出しの森」に加筆したものです。

「ちくま」は書店店頭で無料配布しているものですが、発行部数が少ないのかあまり見かけることはありませんでした。どうしても欲しかったので版元に連絡して2年間分送ってもらいました。今でも、書架から出しては、少しづつ読んで、眺めています。

淡いタッチで、少年少女の孤独な心の奥まで見せてしまうような彼女の画風は、今更説明する必要はないと思います。作品に付随している短い文章に注目です。

「演習か何かだろうと思う。飛んでくる軍用機をあんなに近くで見るのは初めてだった。カラマツの森とカーキ色の機体とのコントラストが不穏で何度も頭の中で思いだす。機体にはフロント以外、窓が一切無かった。ぬるんとした生き物みたいだった。」

軍用機の不気味さを「ぬるんとした生き物」として、殺戮の恐怖を表現しています。で、この文に描かれている絵は、白いワンピースを着た少女が、小さな鳥と戯れている様を描いた作品です。もしも、この軍用機が爆弾を落として、少女を吹き飛ばしてしまうことを想像すると、ぞっとしてきます。

絵が単に文章の挿絵になっていないところも、この本の面白いところです。例えば、バレーのコスチュームを纏った少女が、仔グマと踊っている作品の後に続く文章は、「道の途中」というタイトルで、郊外の古い建物に入った時の印象と、散歩途中の橋で見つけた小さな子ども用手袋のエッセイ。「小さなミトン。欲しいような気がしたが、通りすぎる。子狐の、細い棒のような手に、はめてみたい」と、クマさんの手を取って踊る少女の切なさがシンクロしているように感じました。上手い本作りですね。

酒井は、多くの本の表紙の絵を描いていますが、岩瀬成子の「マルの背中」(講談社1200円)の表紙絵も素敵です。母親と二人暮らしの少女が、ある日”幸運の猫”を貰いうけます。真白な猫とそれを見つめる少女を描いています。大人が考える以上に、過酷な世界で生きている子どもの世界を象徴的に描き出した作品ですが、個人的にはここに登場する駄菓子屋のおっちゃんを描いて欲しかったです。

 

 

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします)