北海道に行けば、かつては必ずと言っていいほどお土産になった、鮭をくわえた木彫りの熊。どこの家にも飾ってあって、でもその内にどこかにしまい込んでしまった、というお宅も多いと思います。

しかし、一刀彫の木彫り熊を作る藤戸竹喜(1934年〜)の作品は全く世界が異なります。

数年前、釧路湿原で「ヒッコリーウインド」を経営している安藤誠さんのロッジに宿泊した時、偶然にも藤戸さんのトークショーと作品に出逢いました。当時は、スミソニアン博物館で展示されているような人とも知らず、初めて作品を観せてもらったのですが、神が宿ると言っても過言ではないような輝きがありました。小さな熊の顔にとても魅かれたのですが、我々には高価で手が出ませんでした。無理をしても手に入れるべきだったと、後悔しています。

さて、新刊で入荷した「熊を彫る人」(村岡俊也・文/在本彌生・写真 小学館2484円)は、個人的にも持っていたい一冊です。藤戸さんの作品も沢山収録されています。森の中に置かれた熊たちの動きと表情をご覧いただきたいと思います。

「熊や狼という動物は、アイヌの人々にとって神なのだ。自身を取り巻くあらゆる自然、山であり、川であり、動物が神であるという考え方。いや、考え方というよりも、生き方と言った方が近いだろう。それは阿寒湖畔に暮す” 熊彫り”である藤戸竹喜の中にも息づいていて、その発露として木彫り熊はある」

写真ではわかりにくいかもしれませんが、つややかな熊の毛並み、大地を踏みしめる足先の力強さは、熊を神とあがめるアイヌの豊かな世界観が見事に結実しています。本の中程に、河原をぐっと睨み、鮭を探す一頭の熊の作品が載っています。全体にみなぎる緊張感が伝わってきます。

藤戸さんは17歳の時、札幌の植物園でエゾ狼の剥製に出会います。その剥製から何かが伝わったのでしょうか、40年ぐらい前から試作を初めて、20年ぐらい経過した頃から、いい埋め木があれば、狼の連作を作り始めています。雪の中に立つ狼。森の孤高の王者の尊厳が伝わります。藤戸さんはこう言います

「土に埋もれて灰色に変色した埋れ木で狼を彫って、なんとか狼を甦らせたかったのかもしれない。熊もとても大事な動物だけど、俺にとって狼はやっぱり特別な動物だ。」

作業場で一心に作品を彫り続けている彼の顔が、とてもいいんです。

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします)