「『ピアノで食べていこうなんて思ってない。』 和音は言った。『ピアノを食べて生きていくんだよ』部屋にいる全員が息を飲んで和音を見た。」

読んでいる私も息を飲みそうになりました。

宮下奈都「羊と鋼の森」(文藝春秋1100円)の一部です。この本は、2015年のブランチブックアワード大賞を受賞し、翌年の本屋大賞にもノミネートされた、言わば”売れ線”の小説でした。ピアノの調律師を目指す青年の青春小説ね、あっ、そう、とゴーマンかまして見向きもしませんでしたが、いや、どうしてどうして素敵な物語でした。(先入観だけで判断するって最悪ですね…..)

読み出して暫くして、敬愛する作家、原民喜が登場しました。え?ピアノの調律師の話に、なんで原爆の悲惨を作品にしていた原が登場するの?と思っていたら、主役の青年が憧れるベテラン調律師が、原のこんな言葉を紹介するのです。

「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」

ベテラン調律師は、原が理想とする文体こそが、自分が理想とするピアノの音だと青年に伝えます。

青年は、多くの人びととの係わり合いを通じて、自分が進むべき道を模索するのですが、物語の進行があざとくなく、大げさな事件も起こらず、静かに進んでいきます。まるで、美しいピアノソロを聴いているかのようです。物語の中で、ピアノを弾く双子の女の子が登場しますが、その一人が、冒頭に引用した台詞を言う「和音」という少女です。何故、双子の一人がこんな意味不明な発言をしたのかは、小説を読んで下さい。成る程、これはいい台詞だと納得されるはずです。

「ピアノに出会うまで、美しいものに気づかずにいた。知らなかった、というのとは少し違う。僕はたくさん知っていた。ただ、知っていることに気づかずにいたのだ」

青年の成長を見守りながら、読者も美しい物を知るという喜びを見出します。小説を読む楽しさを味わえる一冊。出会えて良かった、と思います。

 

Tagged with: