「たたって葵上を打擲した後も、それで六条御息所の心が晴れたのではない。それどころか、嫉妬に狂って、葵上を殴る自分の姿が、鏡に映ってはっと気づく。ああ、なんて醜いおのれだろう。こうして、彼女は、ますます深く暗い絶望の淵に沈んで行きながら、破れ車に乗って消えて行くのである。」

葵上への嫉妬を抑えられない六条御息所が、生霊となる能の名作「葵上」の解説です。嫉妬に駆られて怒りを爆発させたものの、自己嫌悪で愕然とするなんて、よくある事。それを「葵上」という物語の中で読み解いていきます。

「能」の解説本って、読んでいて面白いものって少ない気がします。「林望が能を読む」(青土社/古書1200円)は、著者が最初に書いているように「能の筋書きを書いたものではない。役者の秘事口伝なんてものを喋々したものでもない。ましてや、役者の演技評のようなものではさらにない。」という一冊です。物語に入り込み、いかにして読み解いていけばよいかを述べたものです。物語を解体して、その奥にあるものを引っ張り出すことがメインになっているので、能のことを知らなくても、結構面白く読めます。

例えば、自分は醜女だと信じている葛城の神が登場する「葛城」。彼女は、醜く呪われた姿を恥じながら、屈折した心情を舞いで表現していきます。けれども、観客から見ていると彼女が付けている面は、決して醜いものではなく、美しいものです。自分の容姿への引け目というのは、他人から見た欠点と一致するものではありません。ひょっとして、この女神の苦悩は、誰の心にも潜むコンプレックスを象徴しているのではないか。そして、こう言います。

「神の出る曲を、自分たちとは関係のない世界の話だと思ってはいけない。むしろ、能は、いつだって神や鬼の姿や心を借りて、私たちに普遍の『なにごとか』を語りかける芸術なのだ」

能は、古くさい伝統芸能だと思っている方も多いかもしれません。けれども、「能楽堂という建物は無いものと思ってください。青空のもと、きらきらする水面に、不思議の橋が浮かんでいる。空中の橋である。そういう超常的空間が、目前に出現している。そこに、この世のものでない『モノ』が現われる。能を観る、というのは、そういう経験なのである」という林の言葉から、想像力をフル回転させて鑑賞する、どうやらもっと自由なものらしいのです。

この世のものでない『モノ』との出会いを求めて、ちょっと能楽堂に出掛けるのも面白いかもしれません。