ビン・リュー監督「行き止まりの世界に生まれて」(uplink京都で公開中)は、今年観たドキュメンタリー映画の中でベスト3に入れたい傑作です。9月9日のブログで「mid90sミッドナインティーズ」という映画を紹介しましたが、あの映画のドキュメンタリー版的な作品です。

カメラは、先ず、街の中をスケボーで爽快に滑ってゆく3人の若者たちを捉えます。そのスピード感にこちらも気分良くなってきます。しかし、ここから語られる彼らの人生は、タイトル通り「行き止まりの世界」です。「アメリカで最も惨めな町」と言われているイリノイ州ロックフォード。キアー、ザック、ビンの3人は、幼い頃から、貧困と家庭内暴力に晒されて生きてきました。過酷な現実から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいます。スケートだけが彼らにとって唯一の居場所、スケート仲間が一つの家族。
けれど、大人になるにつれ、いつも一緒だった彼らも少しずつ違う道へ進んでいきます。
ようやく見つけた低賃金の仕事を始めたキアー、恋人との間に子供が生まれて父親になったザック、そして映画監督の道を歩み始めるビン(本作の監督です)。ビンのカメラは、自分自身を含めて一見明るく見える3人の、悲惨な過去や葛藤をあらわにしていきます。今まで問えなかった母親の事情と親子の確執が、監督として対話することで、緊迫した場面となっています。
希望が見えない環境、大人になる苦しみ、根深い親子の溝。ビンが撮りためた12年間のスケートビデオを巧みに編集して、この場所に生きる若者のリアルな青春が描かれています。
ロックフォードは、いわゆるラストベルトで、鉄鋼や石炭や自動車などの産業が衰退し、アメリカの繁栄から取り残された街です。街には生気がありません。静まりかえっています。「トランプのアメリカ」のリアルな姿です。
それでも、彼らの笑顔を見ていると未来は変えられるのかもしれないと思えます。事実、ラストでは3人のそれぞれのほんのちょっと明るい未来が紹介されます。でも、それが続くのかと問われたら、なんとも答えようがありません。
エンディングは、オープニングと同じように街中を疾走する彼らを追いかけてゆくシーンです。それぞれに不安と痛みを抱えながらも、前に進む彼らを応援せずにはいられない、そんな作品です。
アカデミー賞、エミー賞Wノミネート、サンダンス映画祭をはじめ数多くの賞を総なめ、オバマ前大統領もも絶賛した映画です。オススメ!